「真善忍」重んじる法輪功学習者、中国共産党の脅威をパレードで訴え
時代の選択
時代の選択

今月17日、精神修養法・法輪功の日本の学習者が東京・池袋で「720反迫害パレード」を行なった。
法輪功に対する迫害は、1999年7月20日に当時の総書記・江沢民の命令によって始動し、以来23年にわたって続いている。

法輪功学習者はどのような弾圧を受けているのか。
そしてなぜ、彼らは信念を堅持し続けているのか。

今回、私たちは実際にパレードを取材し、参加者や道行く人々から話を伺った。

記事はこちら:https://www.epochtimes.jp/share/110875?utm_source=copy-link-btn

⭕️ ウェブサイト 👉https://www.epochtimes.jp​​

⭕️ Twitter 👉 https://twitter.com/epochtimes_jp

⭕️ Facebook 👉 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/

⭕️ Telegram 👉 https://t.me/epochtmesjp

関連動画