【未解決ミステリー】ウルフ・メッシング伝記その2:驚異の読心術
ミステリー
ミステリー

1915年、メッシングのマネージャーであるツィンメルストは、16歳の彼を連れてウィーンへ行きました。 このウィーンへの旅は、メッシングの人生において最も大切な思い出のひとつとなりました。 彼の心理学実験は、地域にセンセーションを巻き起こし、当時の著名な科学者たちを惹きつけました。 アインシュタインとフロイトは、メッシングのパフォーマンスを観て興味を持ち、メッシングを招いて実験をするように誘いました。

 

⭕️ ウェブサイト 👉https://www.epochtimes.jp​​

⭕️ Twitter 👉 https://twitter.com/epochtimes_jp

⭕️ Facebook 👉 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/

⭕️ Telegram 👉 https://t.me/epochtmesjp

関連動画