【未解決ミステリー】ウルフ・メッシング伝記その3:ヒトラーに関する予言が的中 意のままに人々を操る超能力
ミステリー
ミステリー

第二次世界大戦後の晩、メッシングはドイツで高い評判を集め、ナチス・ドイツは彼を自身の支配下に置きたいと考えました。しかしその後、メッシングがナチスが滅亡する運命を正確に予言したことにヒトラーは怒り、およそ20マルクの懸賞金を彼に賭け、捕まえようとしました。メッシングはどのように免れたのでしょうか。 

ヒトラーが登場した後、メッシングは、ベルリンの大通りを埋めつくすほどの、声援を上げている人々を見ました。オープンカーに乗ったヒトラーに数千、数万の人々が手を伸ばし、歓迎していました。メッシングは「私は唯一、6年後に何が起こるのかを知っている者だ。しかし戦争の結末について私が伝えたところで、誰が聞いてくれるのだろうか」と心の中で思いました。当時、多くの社会のエリートはヒトラーに声援を送っていました。メッシングは「時々、エリートたちに対して、非常に恥ずかしく思うことがある」と書面に書いています。

⭕️ ウェブサイト 👉https://www.epochtimes.jp​​

⭕️ Twitter 👉 https://twitter.com/epochtimes_jp

⭕️ Facebook 👉 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/

⭕️ Telegram 👉 https://t.me/epochtmesjp

関連動画