あなたの衣服に有害な “永久化学物質 “が含まれていませんか?(2)

(続き)

PFASと人間の健康

PFAS(有機フッ素化合物)は新しい物質ではなく、1940年代に発明されて以来、環境、食物連鎖、そして残念ながら私たちの体内に蓄積されてきました。 米国疾病予防管理センター(CDC)によると、PFASはほぼすべての米国人の血液中に存在し、PFASに広くさらされていることを示しています。

自然資源防衛協議会(NRDC)の健康・食品戦略担当 エリック・D・オルソン シニア・ディレクターは、PFASが危険な理由は3つあると言います。 「第一に、PFASの構造上、環境や体内で分解されにくいこと、第二に、PFASは環境中を比較的速く移動するため、汚染を制御するのが難しいこと、第三に、PFASの一部は極めて低レベルの接触でも健康に悪影響を及ぼす可能性があること」です。

公衆衛生の調査機関である「U.S. Right to Know」は、PFASへの接触が、ガン、先天性欠損症、糖尿病、コレステロール、ホルモン、子供の成長と発達、肥満、肝機能、腎機能、炎症性腸疾患、甲状腺疾患、潰瘍性大腸炎など、さまざまな健康問題との関連を示す研究を指摘しています。

PFASと子どもの健康

子どもたちは、身体と脳がまだ成長発達途上にあるため、PFASのような有害化学物質の健康への影響に対して特に脆弱です。

米国化学会(American Chemical Society)の2022年の研究では、米国とカナダで「防汚加工」というラベルを付けて販売されていた72の子供用繊維製品(その多くは学校の制服)を調査しました。研究者たちは、これらの衣類がPFASに著しく汚染されているかどうかを評価し、学校の制服が高レベルのPFAS(屋外用衣類に匹敵)を含んでいることを発見しました。屋外用の衣服は、防汚性や耐水性が求められることが多いため、高レベルのPFASを含むことが知られています。

学生服は1日8~10時間直接肌に触れるため、このレベルの体への接触は特に危険です。この研究では、カナダと米国の学齢期の児童の約4分の1がこの被ばくを受けている可能性が示唆されています。

PFASを避けるには

PFASはどこにでも存在しますが、被ばくを抑える方法はあります。 まず、PFASがどこにあるのかを知る必要があります。

「U.S. Right to Know」が発表した記事には、PFASの健康への懸念が詳しく書かれており、研究者が特定したPFASへの接触経路が列挙されています。飲料水、廃棄物処理場付近の土壌や水、消火器、PFASを製造または使用する製造施設や化学製造施設、食品、食品包装、家庭用品、パーソナルケア製品などです。

PFASを含む最も一般的な物質のひとつは飲料水です。エンバイロメンタル・ワーキング・グループ(EWG)は、郵便番号で検索可能な全国水道水データベースを作成しました。自分の街の飲料水に高濃度のPFASが含まれている場合、特に小さな子どもがいる家庭では、浄水器の購入を検討したほうがよいかもしれません。

専門家によれば、フィルターを通した逆浸透がPFASの漏出を防ぐ最良の方法と考えられています。 NSF(旧全米衛生財団)は、PFASに最適な浄水器のリストを作成しました。

環境保護庁(EPA)は2023年3月のプレスリリースで、飲料水中の既知の6種類のPFASについて、初のPFAS国家飲料水規則を提案し、規則の完全実施は「数千人の死亡を防ぎ、数万人のPFASによる重篤な疾病を減らす」と述べています。

PFASを含む最も一般的な物質のひとつは飲料水です。(yasuyasu99 / PIXTA)

EWGはまた、地理的位置に基づくPFAS汚染の全国マップを作成しました。 自分が住んでいる場所の被ばくレベルを見ることができます。

衣類に関しては、アウトドアウェアやスポーツウェアに注意が必要です。この種の衣類は水や汚れ、汗に強い傾向があるため、PFASを含むリスクが高くなります。子供服の多くにも、シミや汚れに強いというラベルが貼られています。ラベルを読む必要があり、耐水性、耐汚染性、耐汗性と表示されているものは、PFASが含まれている可能性が高いのです。

また、アパレル・ブランドのウェブサイトをチェックして、PFASの使用について公言しているかどうか、あるいはそのブランドが「PFASフリー」であるかどうかを確認することもできます。グリーン科学政策研究所のプロジェクトであるPFASセントラルは、アウトドア用品や衣料品、その他の製品にPFASを使用していないブランドや製品のリストを提供しています。

これらの化学物質への接触を避ける最善の方法のひとつは、生活をシンプルに保つことです。 かつて私たちの服が、ヨガのクラスで汗を拭き取ったり、ズボンにこぼしたコーヒーを魔法のように消したりすることを約束しなかった時代がありました。 こうした現代の新しい「便利さ」は、私たちの健康にあまりに大きな影響を与えているようです。

シミや汗は自然なものであり、私たちの健康にとって何が問題なのかを考えれば、雨の中の散歩を楽しんだり、ズボンにコーヒーをこぼすことにユーモアを見出したり、ヨガのレッスンで汗だくになって頑張ることに感謝したりできるようになるかもしれません。

(完)