大紀元時報
トップ 生活に活きる植物
生活に活きる植物
顔の花とつぼみ(撮影=大紀元)
2020.04.12
昼顔(ヒルガオ)
カホバナと詠まれた花 昼顔

日本全土の野原や道端などに自生するヒルガオ科の多年草の蔓草。地下茎を四方に延ばして繁殖し、卵形の苞葉が萼の左右についた漏斗状の薄桃色のかわいい花が咲きます。万葉人...

ハコベの花(撮影・ハナビシソウ)
2020.04.09
【身近な植物】「七草粥」でお馴染みの繁縷(ハコベ)

ハコベは日本全土の日の当たる野原など、どこにでも見られるナデシコ科の2年草。春から夏にかけて盛んに繁殖し、枝先に、2つに裂けた5弁の白い花が咲きます。陽だまりでは...

ムクゲの花(白)(撮影=大紀元)
2020.04.08
木槿(ムクゲ)
「槿花一日自為榮」槿の花は一日でも自ずと花盛りとなる

中国原産で、世界各地で観賞用として栽培されているアオイ科の落葉低木。5弁花で白、紫をはじめとして色とりどりですが、八重咲きも多く、ほとんどが一日花です。白楽天の『...

ニオイスミレ(撮影・ハナビシソウ)
2020.04.08
【身近な植物】野路菫(ノジスミレ)

野路菫は日本全土の日当たりのよい山地、道端に生えるスミレ科の多年草。スミレ科の仲間は多く、日本には50種以上もあり、似た種類もあります。無茎類と有茎類に分けられま...

キバナカタクリの花(撮影・ハナビシソウ)
2020.04.08
自然からの「片栗粉」

片栗は日本各地の山野に自生するユリ科の多年草。早春に鱗茎(りんけい・地下茎の一種)より1本の花茎を出して、先端に紫紅色の可憐な花を下向きにつけ、葉は帯紫色の模様が...

牡丹の花(写真・大紀元)
2020.04.08
牡丹(ボタン)
中国史上唯一の女皇帝が愛した花 「花の王」

ボタン科の落葉低木で、原産地は中国。日本に渡来した8世紀頃には薬用として栽培されていました。その後、則天武后も愛でたといわれる牡丹は「花の王」として親しまれ、日本...

アケビの雄花(撮影=ハナビシソウ)
2020.04.08
木通(アケビ)
この花 知ってる?

日本各地に分布するアケビ科の蔓性落葉樹。4月頃、新葉とともに薄紫色の花をつけます。雌花は大きく、雄花は小さいのですが多数群がって咲きます。花後、青い実をつけ、長楕...

ハチク(撮影・ハナビシソウ)
2019.03.04
【生活に活きる植物】竹(タケ)

タケのほとんどは中国原産で、常緑多年草です。日本では600種もあるとされていますが、狭義では竹・笹・バンブーの3つに分けられ、三大有用竹としてマダケ・モウソウチク...

牡丹の花(写真・大紀元)
2019.02.27
牡丹(ボタン)
中国史上唯一の女皇帝が愛した花 「花の王」

ボタン科の落葉低木で、原産地は中国。日本に渡来した8世紀頃には薬用として栽培されていました。その後、則天武后も愛でたといわれる牡丹は「花の王」として親しまれ、日本...

キバナカタクリの花(撮影・ハナビシソウ)
2019.02.25
自然からの「片栗粉」

片栗は日本各地の山野に自生するユリ科の多年草。早春に鱗茎(りんけい・地下茎の一種)より1本の花茎を出して、先端に紫紅色の可憐な花を下向きにつけ、葉は帯紫色の模様が...

ニオイスミレ(撮影・ハナビシソウ)
2019.02.22
【身近な植物】野路菫(ノジスミレ)

野路菫は日本全土の日当たりのよい山地、道端に生えるスミレ科の多年草。スミレ科の仲間は多く、日本には50種以上もあり、似た種類もあります。無茎類と有茎類に分けられま...

アミガサユリの花(撮影・ハナビシソウ)
2019.02.22
編笠百合(アミガサユリ)
茶席によく馴染む 茶花

編笠百合は中国原産で日本全国に栽培されているユリ科の半蔓性多年草。薬草、観賞用として植えられていますが、半野生化しているものもあります。早春に、茎の先端部に1、2...

カンシャクヤクの花(撮影・大紀元)
2019.02.20
寒芍薬(カンシャクヤク)
3月6日の誕生花 クリスマスローズとは

寒芍薬(和名)はヨーロッパ原産で、一部四川省に自生するキンポウゲ科の多年草。明治の頃、日本に薬用植物として移入されました。ヘレボラス ニガーのことですが、近年日本...

アケビの雄花(撮影=ハナビシソウ)
2019.02.20
木通(アケビ)
この花 知ってる?

日本各地に分布するアケビ科の蔓性落葉樹。4月頃、新葉とともに薄紫色の花をつけます。雌花は大きく、雄花は小さいのですが多数群がって咲きます。花後、青い実をつけ、長楕...

顔の花とつぼみ(撮影=大紀元)
2019.02.16
昼顔(ヒルガオ)
カホバナと詠まれた花 昼顔

日本全土の野原や道端などに自生するヒルガオ科の多年草の蔓草。地下茎を四方に延ばして繁殖し、卵形の苞葉が萼の左右についた漏斗状の薄桃色のかわいい花が咲きます。万葉人...

フクジュソウの花(撮影・大紀元)
2019.02.15
福寿草(フクジュソウ)
1月1日の誕生花 花言葉は「永久の幸福」

フクジュソウの原産地は東アジアで、日本でも固有種が各地の日当たりのよい山地や丘陵に自生するキンポウゲ科の多年草。花期は1月から4月と長く、新芽がのびる前に茎の先端...

ムクゲの花(白)(撮影=大紀元)
2019.02.14
木槿(ムクゲ)
「槿花一日自為榮」槿の花は一日でも自ずと花盛りとなる

中国原産で、世界各地で観賞用として栽培されているアオイ科の落葉低木。5弁花で白、紫をはじめとして色とりどりですが、八重咲きも多く、ほとんどが一日花です。白楽天の『...

カンアオイの花(撮影・大紀元)
2019.02.13
寒中でも枯れない 寒葵(カンアオイ)

カンアオイは全国各地の山地の樹下に分布するウマノスズクサ科の常緑多年草。10月から2月にかけて、暗紫色の壷状花が土に半ば埋もれて開花します。したがって、種子散布範...

ハコベの花(撮影・ハナビシソウ)
2019.02.10
【身近な植物】「七草粥」でお馴染みの繁縷(ハコベ)

ハコベは日本全土の日の当たる野原など、どこにでも見られるナデシコ科の2年草。春から夏にかけて盛んに繁殖し、枝先に、2つに裂けた5弁の白い花が咲きます。陽だまりでは...

(撮影・ハナビシソウ)
2019.02.07
【知らざる身近な植物の効果】アロエ

アロエは南アフリカ原産、世界中で栽培されているユリ科の多肉植物。300種以上もありますが、日本で普及しているのは、キダチアロエの仲間で、一般家庭でも植えられていま...

アカマツの全景(撮影・ハナビシソウ)
2019.01.18
【知らざる身近な植物の効果】秋の味覚「マツタケ」が寄生する赤松

赤松は山野に自生しているマツ科の常緑高木。岡山県・山口県の県木ですが、防風林、庭木としても各地に植えられています。樹皮と新芽が赤褐色で、春に雄花、雌花をつけ、果実...

^