米国 癒し効果のある伝説の泉

2016/01/20 07:00

 日本では古代から温泉療法が普及しており、入浴に加えて、温泉水を飲用して効果を高めようとする人もいます。これは日本に限ったことではなく、世界には癒しの効果が高い「伝説の泉」が存在します。アメリカのサウスカロライナ州のブラックヴィル(Blackville)という小さな町の森の中にある「神様の癒しの泉」(God's Acre Healing Springs)もその一つです。

 1781年、重傷を負って瀕死状態だった4人のイギリス兵士が、アメリカの先住民が教えてくれた「神様の泉」の水を飲んで息を吹き返しました。彼ら4人がイギリス軍の駐在地に帰還すると兵士たちは大変驚き、以来、人々は神のご加護を得られるよう泉の水を飲んで祈るようになりました。

記念碑には1781年に重傷を負って死にかけた4人の英軍兵士がこの泉の水を飲んで生き返ったことが書かれている(ネット写真)

 その後、現地の人がトウモロコシと物々交換する形で先住民から泉の所有権を買い取り、近くに教会を建てました。所有者は数回変わりましたが、1944年、当時の所有者のボイリストンさん(L.P. Boylston)が泉を神に献上し、誰でも自由に利用できるようになりました。現在、この泉には十数個の蛇口が付けられ、自由に水を汲めるようになっています。

泉の水を汲む人々(ネット写真)

 医療が普及した現在でも、まだ多くの人がこの泉の癒しの効果を信じています。近隣住民はもちろん、遠方から水を汲みに来る人も少なくありません。ガリク(Annabelle Galik)さんは2年半前に肺癌を患い、余命4カ月と宣告されました。余命宣告を受けた後からこの泉の水を飲み始め、同時に自然療法も取り入れたガリクさんは、余命宣告から2年半が過ぎた今も元気に生きています。彼女の夫、スティーブンさんは、2週間に1回、160キロも離れた場所から9個の大きな容器を車に積んで水を汲むために泉にやって来ます。彼は泉の水のお陰で妻との時間が延長されたと信じています。スティーブンさんは現在74歳ですが、これからも自分の体力が許す限り泉の水を汲みに来たいと考えており、「この泉の不思議な癒しの力は数百年にわたって人々から実証されてきたので、間違いのないものだ」と話しました。

(翻訳編集・文子)

関連記事
注目記事
^