美味しい野菜シリーズ

菜の花

2016/02/08 07:00

 暖冬とはいえ、本格的な寒さはこれから。春が待ち遠しい今日この頃です。春の野菜と云えば菜の花が思い浮かびます。

 この時季に束で売られている菜の花は、あぶら菜の花蕾を開花しないうちに摘み取ったもので、お浸しやからし和えにして食されています。現在の市場には、あぶら菜以外にも小松菜、チンゲン菜、ターサイ等のあぶらな科の花蕾を摘み取った菜の花が沢山出回っています。これらの旬は3~4月で、あぶら菜の菜の花よりも遅く出回ります。

 選ぶ際は、茎が太い物を選んでください。花が咲いてしまったものは敬遠されがちですが、茎が太ければ味に遜色はありません。安く売り出されているため、かえってお得です。

 お浸しやからし和えの他にも、天ぷらにしたり味噌汁やお吸い物の具にしたりと、菜の花の用途は意外と広いのです。京都の「花菜」、三重長島の「ナバナ」、福岡の「おいしい菜」、栃木佐野の「かき菜」。日本には各地に美味しい菜の花があります。菜の花の料理で、食卓に春を先取りしてみてはいかがでしょうか。

(杉本青果店代表 杉本晃章)

 

関連記事
注目記事
^