認知機能の低下を遅らせる栄養素の組み合わせを科学者が発見

新しい研究によると、特定の栄養素のプロファイルが高齢者の脳の構造と機能の健康に関連していることが示されました。
2024/07/17 George Citroner

野菜が慢性疾患の予防に役立つ可能性――レビュー

最近のレビューで、20年以上にわたる約50の研究を分析した結果、野菜中心の食事がいくつかの病気のリスクを大幅に減らすことがわかりました。

専門医が推奨する腎臓に良い食品トップ10

腎臓病は潜伏性があり、初期段階では明らかな兆候が見られないことが多く、気づかないうちに進行してしまうことがあります。腎臓病の増加に対処するために、専門家は腎臓の健康を守り、機能の低下を防ぎ、腎臓病の発症リスクを低減するために10種類の一般的な食品を推奨しています。
2024/05/23 Ellen Wan

アブラナ科野菜:脳卒中の予防と回復に役立つか

アブラナ科の野菜は、その脳卒中の予防効果で知られていますが、研究者は、一部の人気が低い野菜が脳卒中のリスクを低減し、さらには脳卒中症状を逆転させるのに役立つ可能性があることを発見しました。
2024/05/16 Jessie Zhang

身近の食べ物ががん予防?!研究で支持された13の食材

食品とがんとの関係は、昔から切っても切れないものでした。実際、アメリカがん協会によると、「人は食べたものでできている」とのことです。結果、抗がん性の食品は、がんの予防と治療として多大な影響があるということになります。

50代以下の大腸がん増加:問題のサプリメントとは

アメリカがん協会の最新報告によると、癌の死亡率は数十年にわたって持続的に減少しています。しかし、1990年代以降、特に若年成人の大腸がんの症例が増加しているといういくつかの例外的な状況が懸念されています。
2024/05/09 Jennifer Sweenie

低ヒスタミン食でマスト細胞活性化症候群を緩和

マスト(肥満)細胞活性化症候群(MCAS)に苦しむ人々にとって、食生活を変えることは、症状を大きく軽減することが可能です。多くの人が健康的な食事を心がけていますが、実際にはそうであっても、過敏性腸症候群やかゆみ、くしゃみ、不眠症などのMCASの症状を引き起こすヒスタミンが多く含まれている「健康食品」も存在します。
2024/05/07 Ashley Turner

よもぎ団子で迎える健康と幸運の春

よもぎと小豆は、漢方と日常生活において重要な役割を果たしてきました。二つの組み合わせはその味に魅力があるだけでなく、そのユニークな性質を活かして体のバランスを整えてくれます。
2024/05/05 白玉煕

キャベツの隠れた力:古代の知恵が語る「万能野菜」

現代社会は、ストレスや様々な疾患に直面しており、多くの人々が健康への不安を抱えている状況にあります。しかし、私たちの身近な食材には、そんな不安を和らげる力を持つ意外なヒーローが存在します。それが「キャベツ」です。
2024/05/04 白玉煕

春の恵みを味わう ふきに秘められたパワー

中医学において、ふきはその全体が薬として利用されるとされています。古文書によると、ふきは主に肺を潤し、痰を排出して咳を和らげる効果をもたらします。
2024/05/01 白玉煕

千年の歴史を持つ春の薬膳「ふきの煮物」

愛知県の伝統的な郷土料理である「ふきの煮物」は、平安時代から愛され、千年にわたる歴史を誇ります。
2024/04/30 白玉煕

コーヒーの成分が筋肉減少を防ぐ その秘密とは?

最新の研究によれば、コーヒーに含まれる自然由来の成分が、年齢とともに起こる筋肉減少を防ぐための秘密兵器となるかもしれないのです。
2024/04/29 George Citroner

レタスの鮮度を永遠に:保存のコツとトリック

レタスはサラダやサンドイッチなどで活躍しています。レタスは一回食べ切れない場合が多いですが、冷蔵庫で保存すると、すぐしなびてしまいます。そんな時、専門家がレタスを6週間も新鮮に保つことができる正しい保存法を説明しました。
2024/04/28 陳俊村

脳卒中リスクを軽減:ブロッコリーの化合物の効用(2)

劉先生はオーストラリア放送協会のインタビューで、彼と彼のチームが3年前からブロッコリーと他のアブラナ科の野菜を研究し始めたこと、そして健康的な食事から100種類以上の天然製品をスクリーニングして、脳の血栓を防ぐ特性を持つ製品を探していたことを明らかにしました。
2024/04/12 Allison DeMajistre

脳卒中リスクを軽減:ブロッコリーの驚くべき効果(1)

オーストラリアの心臓研究所(Heart Research Institute (HRI))の研究者たちは、毎日何百万人もが食べている一般的な野菜が、世界の主要な死因の一つを予防し、治療する可能性があることを発見しました。
2024/04/12 Allison DeMajistre

野菜を使った料理を毎日食べる人は7割弱 皆さんそれぞれ何のために野菜を食べているのか?

野菜を使った料理を毎日食べる人は7割弱。野菜を食べる人の理由は「食物繊維が豊富」「おいしい」「健康のため」が各50%台。野菜が嫌い・やや嫌いな層では「健康のため」が最多
2024/04/10

野菜や果物を長持ちさせる!11の保存テクニック

新鮮な野菜や果物を保存する際、冷蔵庫に保存する必要があるものもありますが、室温で保存した方がよいものもあります。普段よく食べている11種類の野菜や果物について、専門家は以下のような保存方法をお勧めしています。
2024/04/08 李若琳

食べる前に知っておきたい!果物と野菜の汚れ落としマニュアル(下)

データ分析から、分析されたすべての果物と野菜に254種類の農薬が含まれていることが明らかになり、そのうち209種類の農薬が「最も汚れた12種類の果物と野菜」リストに残留していました。
2024/04/02

食べる前に知っておきたい!果物と野菜の汚れ落としマニュアル(上)

水曜日(3月20日)、非営利組織「環境ワーキンググループ」は、検出可能な農薬残留データに基づいて、2024年度の最も汚れた12種類の果物と野菜と、最も清潔な15種類の果物と野菜のリストを発表しました。
2024/03/31 夏雨

菜の花

暖冬とはいえ、本格的な寒さはこれから。春が待ち遠しい今日この頃です。春の野菜と云えば菜の花が思い浮かびます。花より団子ですけど、菜の花はおいしく食べられます。

ダイエット成功の鍵 野菜を十分に食べること

私はよくダイエット中の人に「ダイエットを成功させたいなら、野菜を十分に食べなければならない!」と話しています。なぜ野菜は脂肪を減らすのに重要な役割を果たすのでしょうか?

運動しなくても、これらの野菜は筋力を増強することができます

「栄養学雑誌」に掲載された研究によれば、毎日1カップの緑葉野菜を摂取すると筋肉機能が明らかに向上します。さらに、筋肉機能の利点は単なるアニメの悪党に打ち勝つためだけでなく、骨格の強度をサポートし、年齢とともに引き起こされる転倒のリスクを減少させるのにも密接に関連しています
2023/12/20 Lori Alton

日本人医師が独自の「糖質制限食」を考案、3か月で17kg減量(2)

西脇俊二によれば、本当の痩身とは体重を減らすことではなく、肥満の元凶である「体脂肪」を減らすことだといいます。 体脂肪が減れば体重は自然に減り、それこそが唯一の健康的な痩身であり、体重が戻らない唯一の理想形なのだと言います。
2023/10/21 Ellen Wan

あなたにも備わっている自然治癒力 ステップに従って健康改善!(2)

今回は、体の健康を向上させる秘訣は何なのか? 瞑想から食事まで、健康に関する鍵を見つける方法を探りましょう。
2023/09/17 Andrew Saul

「空心菜」は天然の解毒剤 熱を取り除き、血糖値を下げる

空心菜(くうしんさい)とは、さつまいもの葉茎によく似た中国野菜。茎の中が空洞になっていることから、この名前が付きました。空心菜には名称がたくさんあり、標準和名は「ヨウサイ」と言います。 厳しい夏は高温多湿で、まるで蒸し器の中にいるような状態で、熱中症になりやすいだけでなく、脾や胃腸が弱り、食中毒が多発する季節でもあります。 したがって、熱を取り除き、解毒、利尿、湿気を取り除く空心菜をより多く食べることが特に重要です。
2023/09/01 白玉煕

若さは食から!7つの最強のアンチエイジング食品を大公開(1)

健康的な食事は、体のすべての器官に栄養素と燃料を供給するだけでなく、理想的な体重を維持するのにも役立ちます。そして、研究結果から、体重をうまく管理すれば、健康と活力を維持し、老化に抵抗できることが証明されています。
2023/08/22 Joseph Mercola

多くの人が間違った栄養を摂取している! 脳の老化を防ぐには「抗酸化物質の摂取」がカギ

脳は脂肪分が多く、代謝が活発なため、フリーラジカルの攻撃を特に受けやすいのです。誰も脳が衰えるのは望んでいません。そこで、脂溶性の主要な抗酸化物質であるβ-カロテンなどを摂取すればよいと思うかもしれませんが、実は脳に集中する主要なカロテノイドはルテインであり、脳が最初に吸収するものです。

いい血管は老けない! 漢方医が教える、血管をスッキリさせ、心臓を守る秘訣を伝授(下)

血管の健康維持に役立つ5種類の食品は、日常的にバランスよく摂取するよう心がけましょう。その結果、若い頃にこれら5種類の血管保護食を多く食べる人は、そうでない人に比べて健康状態が良好で、体重、腹囲、血圧、中性脂肪値が低くなることが判明しました。

2種類のスーパー野菜の抗がん効果 毎日食べるべき

研究によると、人間のがん細胞の成長を阻止するのに最も優れているスーパーフード野菜が2種類あります。一部の野菜が他の野菜よりも人の健康に良いことを意味し、これらの野菜は多くの種類のがん細胞の成長を抑制することができます。この研究を通じて得られた画期的な新しいデータを見て、これらのスーパー野菜を見てみましょう。

野菜や果物の農薬はどのように食べたら安全ですか。専門家が勧める4つの技

野菜や果物の適切な洗浄が重要です。最近、台湾のスーパーでリステリア菌がサラダから見つかり、冷凍ドライブルーベリーからもA型肝炎ウイルスが検出されました。台湾の顔宗海医師は、口から入る菌を減らすため、野菜や果物の洗浄方法を共有しています。
2023/06/15 Amber Yang, JoJo Novaes