「肉食は糖尿病の原因になるか?」

糖尿病を発症する有力な要因の一つとして、久しく「炭水化物の過剰摂取」と言われてきたが、果たしてそうだろうか?
2022/03/12

キャベツの渋味を避ける シャキシャキ感や甘みを残す2つのコツ

キャベツは一年中手に入りますが、一度冬に食べてみると、あら不思議!? キャベツが旬でとてもおいしいことがわかります。
2022/02/12

あつあつの湯気もおいしい「蒸し物はヘルシーな料理です」

蒸し物は、数多くある調理方法のなかで最もヘルシーで、速く、簡単に調理できます。蒸し物は、大切な栄養分の流出もなく、余分な油を加えません。この記事を読んで蒸し物上手になってみませんか。
2022/02/08

免疫力を高める ケルセチンの効果

ケルセチンは色素の一種で、フラボノイドと呼ばれる植物化合物の一つであり、果物や野菜、穀物などに多く含まれます。ケルセチンには抗酸化作用があり、また、多くの病気の根本的な原因である炎症を抑える働きがあります。
2022/02/07

「フルーツも野菜もおいしく保存」冷凍食品を上手に活用しましょう

半世紀ほど前の、昭和の風景です。国鉄(当時)の駅のキオスクで必ず売られていたのが「冷凍みかん」でした。細長いビニール袋に入れられた4~5個のミカンを、そのまま冷凍したものです。ご記憶にある方には、懐かしい一品です。
2022/01/16

「ルテインが眼の老化を防ぎます」こんな食物で補充しましょう

目の老化を示す各種の症状は、ドライアイ、老眼、あるいは加齢黄斑変性、白内障、緑内障などの眼疾患を含みます。
2022/01/15

栄養士・高敏敏オススメ「438繊維食で便秘は解消」

便秘でお悩みの女性(いえ男性も含めてですけど)、多いですよね。便秘は腸内をきれいにしないだけではなく、肌のくすみや、ニキビの原因、下腹部の突出を招くこともあります。そこで、台湾で人気の「438繊維食」をご紹介しましょう。
2022/01/13

「お正月太り」になっていませんか? まずは腸を整えましょう

クリスマスや年末年始の休みが終わりましたが、気がつけば「このヘルスメーターは壊れたか」と言いたくなるような「お正月太り」。 皆様は、いかがだったでしょうか?
2022/01/11

野菜の農薬を洗い流すための重要ポイント!―野菜の洗い方のコツ

野菜全般に言えることですが、残留農薬が問題になっています。食材の栄養素を摂取し、農薬を避けるにはどうしたらいいのでしょうか?タム・ダンカンさんが、野菜の洗い方のコツを2つ教えてくれました。
2022/01/04

「更年期以降、なぜ太る?」でも、リカバリーは可能です

なぜ男女を問わず年齢とともに体重が増加し、体形も崩れてしまうのだろうか。熟年世代の体重増加には以下の6つの原因があるとされている
2022/01/03

体内の毒素を排出する「白菜スープで胃腸を養いましょう」

冬野菜の王様である白菜。 白菜は老廃物を排出するのに最適な野菜の一つであり、胃腸の働きを良くして便秘を改善してくれます。
2021/12/26

新しいガイドラインから「あなたの心臓を守る食事」10項目

WHOが2020年に発表した世界の死因のトップ10に冠動脈疾患がランクインした。「心臓血管健康飲食ガイドライン」に提示されている心臓の健康によい食事のパターンの中から要点となる10項目をご紹介
2021/11/27

保存が難しい葉野菜 どうすれば長く保存できる?

葉ものの野菜は葉酸やミネラル、ビタミンCなどが含まれており栄養価も高く、食卓に欠かせない食材です。保存が難しいですが、その選び方や保存方法、洗い方も似ています。次の方法を身につければ、安心して健康的に食べられます
2021/11/17

ご注意ください「薬効に影響する野菜もあります」

陳さん(男性)は、退行性関節炎のため人工股関節に交換しました。 その後、血栓予防のため抗凝固剤であるワルファリンを服用しながら、定期的に通院し採血検査を行っていました。
2021/11/17