台北市 オススメ観光スポット

世界で唯一 パンダレストラン

2016/02/28 07:00

 アジアで最大規模の都市型動物園といわれる台北市立動物園。この動物園では、2014年からジャイアントパンダの赤ちゃんの公開も始まり、現在もジャイアントパンダの子ども「円仔」(ユエンザイ)を見に来る人でいつも混み合っている。パンダ館の2階には、世界で唯一、食事をしながらパンダを鑑賞できるレストランがあることをご存じだろうか? 行列に並ぶことなく座ったまま、パンダを見ながら食事をとることができる。

 「パンダレストラン」に入ると、様々なサイズのパンダのぬいぐるみが目に入ってくる。そして、「円仔」の1歳の時の等身大のぬいぐるみがソファの上に置かれ、一緒に食事ができる。

 レストランの内装はジャングル風になっていて、100種類のぬいぐるみがあり、中でも身長3・7メートルのキリンが大人気。レストランの奥には大きな鳥籠エリアが設置され、様々な種類の鳥のぬいぐるみが楽しめる。その隣にはサルの壁があり、チンパンジーやサルが一緒に遊ぶ様子が再現されている。カウンターそばにはVIP室が設けられ、中に入ると、等身大のライオンがテーブルに座っている。座布団まで虎、豹、しまうまの模様になっており、さすがは動物園のレストランだ。

「パンダレストラ」の雰囲気もジャングル風(中央社)
ジャングル風の内装(中央社)

 「パンダレストラン」はぬいぐるみだけではなく、透明ガラスから本物のパンダが見え、パンダが2階の高さの遊具に登ってきた時には、はっきりとその姿を見ることができる。同店によれば、食事をしながらパンダを鑑賞できるレストランは世界中で、ここしかないという。

 この「パンダレストラン」を経営している石尚会社のマネジャー・陳淑娟さんは、昨年末にレストランをリフォームし、窓際の席からパンダを見られるようにしたという。観光客は大変喜んでおり、特に子ども連れにはおすすめだという。

食事しながらパンダを鑑賞できる「パンダレストラン」(中央社)
食事しながらパンダを鑑賞できる「パンダレストラン」(中央社)

 しかし、動物保護団体から、レストランの匂いや騒音が動物の邪魔になると指摘されたという。対策として、レストラン側は、ガラス窓の前に隔離板を設置しており、客が直接ガラスにくっつくことができないようにした。そして、土日や祭日など人の多い時はカーテンで遮って動物の邪魔をしないようにしていると陳さんは話す。

 開館してから数年間、ガラスを叩いたりしないことと、撮影時にフラッシュの使用禁止をずっと呼びかけてきたため、動物園のルールを守ってパンダを鑑賞してもらうことができるようになったという。

 「パンダレストラン」は食器も特別に作っており、普通の皿、ピザの皿およびコーヒーカップにはパンダが描かれており、スープ用のお椀やカップも豚、牛、オウムの形でできている。食材はできるだけ地元の新鮮な食材を選んでいる。例えば宜蘭の蓬莱米、木柵のお茶、コーヒー豆も農家直送のものを使用している。

 小麦粉と卵、牛乳だけで作ったパイは大変人気があり、香りも濃厚。ピザ、麺などの主食とベジタリアン向け料理も用意しているため、ベジタリアンの人も利用できる。

 子どもを2人連れて来ていた黄さんは、「リフォームする前のレストランは、食器の絵でしかパンダを見ることができなかったが、今は本物のパンダを見られるなんて、本当に夢みたい。これからもいつでもパンダを見に来られるし、子ども達がパンダばかり見てくれるおかげで、落ち着いて過ごせた」と嬉しそうな様子だった。

(翻訳編集・林書羽)

関連記事
注目記事
^