ストレス過剰のシグナル

2016/03/16 07:00

 人間として生活している限り、多少なりともストレスを感じるのはごく一般的な事です。しかし、ストレスが過剰に蓄積された状態を放置すると、大きな健康問題を引き起こす可能性があります。ストレス過剰な状態が続くと、身体に何らかのシグナルが現れてきます。そういう時は、ストレスを緩和する工夫をしましょう。

 ストレス過剰のシグナルは、様々な形となって現れてきます。

1. 片頭痛。特に、高度の緊張状態から急にリラックスした時に起こりやすい。

2. 頻発する月経痛。研究によると、ストレスが過剰に溜まっている女性の月経痛の発生頻度は、一般女性の2倍になると言われている。

3. 歯ぎしり。顎の痛みや顎関節痛を伴う場合が多い。

4. しきりに夢を見る。悪夢を見たり、睡眠途中で目が覚めてしまったりする。

5. 歯肉の出血。研究によると、ストレスが溜まっている人は歯周病になる確率が高い。

6. 顔に吹き出物が出る、または増える。

7. 甘い食べ物をやたらに欲する。特に女性は、チョコレート等をたくさん食べるようになる。

8. 皮膚の痒み。ストレスが溜まると、皮膚のトラブルが増加する。

9. アレルギー症状が強くなる。

10. 腹痛が起こりやすくなる。

 以上のようなシグナルが見られたら、直ちにストレスの解消を図りましょう。以下は、おすすめのストレス解消法です。

1. 散歩の時間を作り、またその時間を増やす。

2. 好きな音楽を聞く。

3. 友達とゆっくり喋る機会を設け、心の悩みや苦しみをじっくりと聞いてもらう。

4. 日記を書く。書くことによって、内心で抑制されている事を発散することができる。

5. 深呼吸をする。ヨガや太極拳、瞑想、武術等も身心のストレス解消に効果がある。

6. 自己反省と自己啓発。

 長時間労働や締め切りが伴う仕事に従事している人はストレスに晒されやすいのですが、一般的なストレスの場合、意外にも自分の執着が原因であることがあります。理想が高く、人生の目標やこだわりが多い人はそれだけストレスも多くなります。最善を尽くすことは大事ですが、結果にあまり執着せず、自然に任せるという考え方も大切にしてください。

(翻訳編集・山本)

関連記事
注目記事
^