若い人も心筋梗塞に?その原因とは

2016/06/16 07:00

 最近、「若年性心筋梗塞」という言葉をよく聞きませんか? 心筋梗塞というと中高年男性がかかる病気だと言われてきましたが、最近は20代から40代男女の心筋梗塞が増加しているそうです。

 専門家によると、その原因は現代人の不規則な生活習慣が大きく関わっているそうです。例えば、原因不明の背中の痛み、胃の痛み、歯の痛みを感じる人は、心筋梗塞の兆しの可能性があるかもしれません。

 夜更かし、極度な疲労、食べ過ぎ、喫煙や飲酒など、これらの生活習慣の乱れは心筋梗塞を招く恐れがあります。多くの若い人は、心筋梗塞は中高年男性がかかると思っているので、まさか自分が心筋梗塞になるとは思っていないかもしれませんね。そのため心筋梗塞の症状が現れても、心筋梗塞とは思わず、応急手当のタイミングを逃し、若年性心筋梗塞によって命を落とした人もたくさんいるのです。

 若年性心筋梗塞の主な原因

喫煙が健康に与える影響(Fotolia)
喫煙が健康に与える影響(Fotolia)

 1、喫煙

 毎日20本のタバコを吸うと、心臓病にかかるリスクは2〜3倍増えます。喫煙することによって、冠状動脈が収縮したり、痙攣を起こしたり、血管が塞がるなどの症状により、心筋梗塞の発作を起こす可能性は非常に高いです。

 2、暴飲暴食

 ストレスを感じると暴飲暴食する人も多いのでは? 食道と胃部の距離は心臓に近いため、暴飲暴食によって、心臓の血管が急に痙攣し、収縮しやすくなります。脂肪を多く含む食べ物を食べると、動脈硬化症を引き起こし、血管が塞がり、心筋梗塞を発症する確率が高くなります。

 3、 過度の疲労

 近年、サラリーマンの過労死事件が増加しています。毎日続く残業、休日出勤を強いられ休みもほとんどなく、過労を起こし、冠状動脈攣縮に起こしやすくなり、心筋梗塞を引き起こす原因となります。

 4、 過度のストレス

 バタバタと忙しい生活の中で、仕事と生活のストレスが大きくなり、息苦しく感じることはありませんか?人は緊張すると、大量のアドレナリンとノルエビネフリンが分泌され、血管が収縮し、心臓の拍動が速くなり、血圧と血糖が上がります。

 心筋梗塞の主な原因は心筋虚血です。心筋梗塞を発症した時、救急車が来るまでの間、自分でできる応急処置の方法を知っておけば、命が助かるかもしれません。心筋梗塞は今はもう中高年男性だけの病気ではありません。日頃の生活習慣や食生活から見直すことから始めていきましょう。

(翻訳編集・林書羽)

関連記事
注目記事
^