常識を超える薄さ

髪の毛より薄い超薄型太陽光パネル

2016/07/13 07:00

 韓国の研究者が、弾力性のある超薄型太陽電池を開発した。この太陽電池の厚さは人間の髪の毛ほどで、鉛筆に巻くこともできる。この商品は近い将来、スマートメガネなどの電子機器に応用されることが期待されている。一般的に、薄い材料は厚い材料よりも柔軟性に優れ、応用範囲が広いため、研究者は超薄型製品の開発にしのぎを削っている。

 韓国光州科学技術院(Gwangju Institute of Science and Technology)の研究者が開発した太陽電池の厚さは1マイクロメートル(1ミリの千分の一)。この新型の太陽光パネルは現在使用されている標準的なパネルの数百分の一の厚さしかなく、他の超薄型太陽電池と比較してもこれ以上薄いものはない。太陽パネルを弾力性のあるプリント基板に埋め込む際に接合剤を使わないため、製品が厚くならないという。

 研究者によると、薄い太陽電池は曲がった状態でも壊れにくく、エネルギーの転換効率は高いままで維持している。将来、この超薄型太陽光パネルを衣料に埋め込めば、着用可能な電子機器の電源として応用できると話している。

 この研究結果は、学術雑誌『Applied Physics Letters』に掲載された。

(翻訳編集・文亮)

関連記事
注目記事
^