夢は叶う

世界最年少の女性パイロット

2017年10月03日 07時00分

 インドのミドルクラスの家に育ったアニー・ディヴィア(Anny Divya)さんは、世界中を飛び回る女性パイロット。しかし、幼い頃からの夢を成就させる道は、決して平坦ではありませんでした。

 アニーさんがパイロットを志したのは9歳のときでした。パタンコット(Pathankot)空軍基地が近くにあったこともあり、幼い頃から空を飛ぶことを夢みていたのです。

 当時、同年代の子どもたちの憧れの職業は、主に医者かITエンジニア。パイロットを目指すアニーさんは変わり者だと言われていました。彼女はパイロットになるためには学業が常にトップでいなければならないことを知り、一生懸命勉強して奨学金を獲得しました。

 高校を卒業後、名門大学への入学のチャンスを蹴って、インド飛行訓練学校(Indira Gandhi Rashtriya Uran Akademi/IGRUA)に応募。母に付き添われ、二日間かけて、ようやく学校にたどりつきました。

 申し込み手続きを済ませたものの、今度は高額な学費を捻出しなければなりません。親せきや友人たちは女性がパイロットになれるわけがないと、お金を貸すどころかやめるようにと勧められました。娘の可能性を信じていた父親は銀行を奔走し、やっとのことで資金を調達しました。

 多額の借金を背負ったアニーさんには、次の試練が待っていました。彼女の英語は田舎なまりだったので、クラスメートからいじめを受けたのです。しかし、アニーさんは持ち前の明るい性格と強い意志で英語の勉強に励み、最後は誰も彼女にケチをつけられないほど優秀な成績で卒業しました。

 飛行に関する知識や技能を習得したアニーさんは、19歳でエア・インディア(Air India)に招聘され、念願のパイロットに。今年30歳になったアニーさんは、今やボーイングB777(最大座席数400以上)を操縦する世界最年少の女性パイロットとして活躍しています。

 女性では無理だと言われ続け、パイロットになってからも弛まず努力し続けるアニーさん。男性優位のインド社会で、女性がパイロットを務め続けるには、大きな勇気が必要です。アニーさんは、ずっと彼女を支え続けた家族や教師たち、そして彼女の可能性を見出してくれたエア・インディアに感謝していると話しています。

(翻訳編集・豊山)

 

関連キーワード

関連特集

^