12歳の少年が祖父の夢を叶える:アンティークの戦闘機で飛行

12歳の少年は、孤独な祖父を励まそうと、生涯の夢である戦闘機での飛行を実現させようとしました。祖父のマルコム・ハンソンさんは、昨年、奥さんがアルツハイマー型認知症で老人ホームに入居して以来、悲しみに暮れていました。12歳のハリソン・ガーニー君は、祖父が孤独であるのを見て、何かで元気づけてあげなければならないと感じました。ハンセンおじいちゃんは、第二次世界大戦中の少年時代にロンドンに住んでいたこともあり、戦闘機ファンでした。1945年のある日、頭上で繰り広げられた戦闘機の空中戦を目の当たりにし、
2021/07/12

夢のつぐない

若い頃、医者という職業を選択する前、私は不思議と同じ夢を見ては、翌朝になってもその内容を生々しく覚えていました。最初のころはあまり気にかけていませんでしたが、あまりにも同じ夢を頻繁に見るので、その原因について考え始めました。
2021/06/16

米ハーバード大学の卒業生が逆転人生を語り、無数のネットユーザーたちに勇気を与える

米国のハーバード大学は世界の名門大学で、卒業生は各分野で優秀とされ、前途も明るいでしょう。しかし、このような名門大学に進学するためには、多くの努力が必要であり、その努力はあまり知られていません。オハイオ州出身のライトル(Shannon Satonori Lytle)さんは、ハーバード大学に入学する前にお金を稼ぐためにアルバイトをしたり、弟妹の面倒を見たりして、学業と両立させていた様子をSNSで共有し、多くの人に感動を与えました。
2021/06/09

夢から得られる病気の情報

誰もが見る夢には、一体どのようなメッセージが込められているのでしょうか。現代医学では、一般的に夢を心理学の角度から分析しています。一方、漢方医学では、心理的な要素以外に、臓腑の生理、病理状態が夢に反映すると考えられています。
2021/06/09

夢と臓腑の虚実

一般的に夢は精神的、心理的な要素と深く関係していると言われています。一方、漢方医学では、臓腑の虚実、邪気の盛衰、陰陽の強弱が影響していると認識されています。
2021/05/09

赤子を救った書生 

昔、浙江省寧波市に袁道済(えん どうさい)という書生がいた。彼は非常に貧しく、科挙の試験が行われる都へ行くこともままならなかったので、親戚や友人たちが彼のために旅費を工面してやった。  都へ行く途中、袁は道端に捨てられている赤ん坊に気づいた。そのまま通り過ぎることはできず、近くの豆腐屋の夫婦に所持金を渡して赤ん坊を託した。
2021/04/08

【医学古今】 夢から得られる病気の情報

誰もが見る夢には、一体どのようなメッセージが込められているのでしょうか。現代医学では、一般的に夢を心理学の角度から分析しています。
2021/03/14

親友のために素敵なドレスを作った18歳の天才デザイナー

インディアナポリスに住むティーンエイジャーのアディさんはもうすぐ開催されるプロムで悩んでいることがありました。それは、当日に何を着るべきか、という問題です。しかし、お気に入りのドレス(600ドル)を買うお金もありませんでした。
2020/07/29

夫婦の縁は天が決める

「夫婦の縁は天が決めることで、変えることはできない。縁のある者が出会い、喜怒哀楽を共にする」  これは、母が話してくれた実話です。祖母は妊娠中、ある不思議な夢を見ました。夢のなかで、彼女は地上の大河を眺めているうちに、空から二枚の紙人形が舞い降りてくるのを見ました。青い服を着た紙人形は大河の北側に落ち、もうひとつは紫色の上着に藍色のズボンを履いており、大河の南側に落ちました。その後、ある日の早朝に祖母は私の叔母を産んだそうです。
2020/03/27

あなたの人生で最も後悔していることは何ですか?

あなたの人生で最も後悔していることは何ですか?すぐに答えられる人もいれば、考え込んでしまう人もいるかもしれません。デジタルメディアのA Plus社は2016年、「Write your biggest regret(あなたにとって最大の後悔を書いてください)」と書いた黒板をニューヨークの繁華街に設置しました。動画はYouTubeにアップされ、現在までに500万回再生されました。
2020/03/12

飢えた人々の命を救い 徳を積む

中国宋朝の人、倪シャンは、字(あざな)を奏天といい、頭が良く、学術を好みました。またよく節約し、よく喜捨していました。 彼は何回も科挙を受験しましたが受かりませんでした。そんな彼を見てある人が「あなたはよく困っている人を助けたのに、なぜ受からないのでしょう? 天がその事を知らなかったからでしょうか?」と言いました。そのことを聞いて、彼はより一層努力しました。
2019/09/23

【不思議な夢】科学の歴史を書き換えた夢(下)

前回はアインシュタイン、メンデレーエフ及びニールス・ボアを紹介しました。 実は、彼らのような物理学者、化学者の他に夢の中でヒントを得た数学者や生物学者もいるのです。
2019/09/07

【不思議な夢】科学の歴史を書き換えた夢(上)

多くの人にとって、夢は神秘めいた不思議なものだと感じます。普段では見られない情景を目にしたり、天国や地獄が見えた人もいたりします。また、亡くなった親戚や友人に会ったとや夢を通じて未来を予知する人もいます。そして、夢は人々にヒントを与えることもあり、それによって社会が発展し進歩しました。科学史においてこのような事例は少なくありません。
2019/09/06

夢の中で神さまが授けた3つの技術

夢の中で技術を授かるという言い伝えは近代にも多くあります。3つの例をご紹介しましょう。
2019/08/23

夢からアイデアがひらめいた偉大なる発明

夢は人類に大きな影響を与える時があります。夢から未来を予測する人もいれば、夢からアイデアが閃き、偉大な発明をした発明家らもいます。今回は夢からきた三つの発明を紹介します。
2019/05/09

巨大なキャベツを育てた9歳の小学生 全国100か所の菜園を持つ女性に成長

全米で100か所以上の菜園を経営するケイティ・スタグリアーノ(Katie Stagliano)さん(19)はサウスカロライナ州では有名だ。彼女の菜園「ケイティの作物(Katie’s Krops)」ではボランティアの子供たちが野菜を育て、収穫後に調理された料理は無償で恵まれない人々にふるまわれている。
2018/10/14

あなたの人生で最も後悔していることは何ですか?

あなたの人生で最も後悔していることは何ですか?すぐに答えられる人もいれば、考え込んでしまう人もいるかもしれません。デジタルメディアのA Plus社は2016年、「Write your biggest regret(あなたにとって最大の後悔を書いてください)」と書いた黒板をニューヨークの繁華街に設置しました。動画はYouTubeにアップされ、現在までに500万回再生されました。
2018/10/10

心の中の牢屋

その女の子はいつも不思議な夢を見ていました。夢の中では、沢山の人が暗い部屋に閉じ込められていて、扉には鍵と錆びた鎖、中からは「ここから出してくれ」と沢山の人の懇願する声が聞こえてきます。女の子はこの夢から覚めると、毎回、胸のあたりに息苦しさを感じ、そのうち、病気になってしまいました。彼女の心は揺れ動き、イライラし、日に日に症状がひどくなっていきました。
2018/03/20

神様へのインタビュー「今の人間を見てどう思いますか?」

ただの空想かもしれないし、潜在意識からのメッセージかもしれません。でも、夢の中で聞いた言葉には威厳があり、その声は慈愛に満ちていました。神様からのシンプルなアドバイスに耳を傾けてみませんか?
2018/01/29

自分の死を予言した女性 分娩の事故で現実に

悪夢や嫌な予感が時には現実になることもあります。自分の死を予言した女性アーノルドさんが命拾いしたケースをご紹介します。
2018/01/10

世界最年少の女性パイロット

インドのミドルクラスの家に育ったアニー・ディヴィア(Anny Divya)さんは、ボーイングを操縦して世界中を飛び回る女性パイロット。しかし、幼い頃からの夢を成就させる道は、決して平坦ではありませんでした。
2017/10/03

巨大なキャベツを育てた9歳の小学生 全国100か所の菜園を持つ女性に成長

全米で100か所以上の菜園を経営するケイティ・スタグリアーノ(Katie Stagliano)さん(18)はサウスカロライナ州では有名だ。彼女の菜園「ケイティの作物(Katie’s Krops)」ではボランティアの子供たちが野菜を育て、収穫後に調理された料理は無償で恵まれない人々にふるまわれている。
2017/07/14

苦学生がハーバード大学を卒業 明かした貧乏生活が話題に

先月25日、米名門のハーバード大学を卒業したシャノン・サトノリ・ライトル(Shannon Satonori Lytle)さん。彼はこの日、高校から今までの苦労と努力の一部始終をFacebookで明かした。多くのネットユーザーが感動し、たくさんのコメントが寄せられた。
2017/06/09

三度のガンを克服した女性

当たるも八卦、当たらぬも八卦。夢占いに科学的な根拠はないが、身体のどこかに病気がある時、教えてくれるという説がある。米国在住のキャサリン・オキーフ・カナボスさん(Kathleen O’Keefe-Kanavos )は、夢に出てくるお告げによってガンを克服したと話す。彼女は著書『Surviving Cancerland: Intuitive Aspects of Healing』で自分の体験を綴り、2014年に国際ブックアワードを受賞した。
2017/05/14

世界一周を終えて ~自分の中で変わったこと~

皆様、こんにちは。これまで世界一周旅行記の様子をお伝えしてきましたが、遂に1年間の旅を無事に終えて、2月に日本に帰国しました。今回は、1年間の世界一周の総括をしたいと思います。世界を旅したいと考えていらっしゃる方にとって、少しでも参考になるものがあれば幸いです。
2017/04/24

本質を見据えた支援とは

今回は、世界一周の現地リポートとしては最後となる東南アジア編。カンボジアでの滞在中の様子をお伝えします。
2017/03/11

あなたの人生で最も後悔していることは何ですか?

あなたの人生で最も後悔していることは何ですか?すぐに答えられる人もいれば、考え込んでしまう人もいるかもしれません。デジタルメディアのA Plus社は昨年、「Write your biggest regret(あなたにとって最大の後悔を書いてください)」と書いた黒板をニューヨークの繁華街に設置しました。動画はYouTubeにアップされ、現在までに500万回再生されました。
2017/02/26

パレスチナの今

イスラエルには10日間、そのうちの3日間はパレスチナ自治区に滞在していました。今回はパレスチナ滞在のことを取り上げ、現地で私が見聞きした一部始終をお伝えします。
2017/02/01

「奇跡の国」ルワンダで見えた深い闇 そして闇を照らす光

皆様こんにちは。今回はアフリカ編です。前回の記事ではポルトガル滞在中の様子についてお伝えしました。約2カ月間のヨーロッパの旅を終え、その後アフリカ北部のモロッコに渡り、ケニア、ウガンダ、ルワンダ、タンザニアを訪れました。今回はルワンダ滞在時に見聞きしたことをお伝えしたいと思います。ルワンダには10月30日から11月13日までの14日間滞在していました。
2016/12/24

リスボンで見て感じた大航海時代の光と影

皆様、こんにちは。前回の記事ではオーストリア滞在中の様子についてお伝えしました。その後の足取りですが、オーストリア滞在を終えてスペインとポルトガルを訪れました。今回はポルトガルに滞在した時の様子をお伝えしたいと思います。ポルトガルには9月11日から9月19日までの9日間滞在していました。
2016/11/28