ニューストップ 文化・歴史
【日本語に生きる中国故事成語】

実はプラス思考の表現だった「鳴かず飛ばず」

2018年02月03日 15時30分
成語典故(図:柚子)

 プロの世界で名を成すことのできる人は、ほんの一握りです。甲子園を沸かせ、鳴り物入りでプロに入りながら、「鳴かず飛ばず」で終わった選手は珍しくありませんし、演歌の世界では、今では大御所といわれる人であっても、その多くが「鳴かず飛ばず」の苦しい下積み生活を経験したことがあるようです。

 「鳴かず飛ばず」とは、現代日本語ではこのように、成功を目指していながらも長い間何の活躍もなく目立たないという、マイナスの意味で使われますが、本来は、次の故事にあるようにプラス思考の表現でした。

 春秋時代の楚の荘王(そうおう)は、即位して3年間、全く政治を顧みることもせず、日夜遊蕩にふけり、諫言する者は全て死に処すと宣言しました。ある日、家臣の伍挙(ごきょ)が荘王に、「丘の上に、3年間飛ばず鳴かずの鳥がいます。これは何という鳥でしょうか」と謎かけをしました。荘王は「その鳥は一旦飛べば天に届き、一旦鳴けば人を驚かせるだろう。お前の言いたいことはわかった」と答えました。

 しかし、その後も遊蕩にふける荘王に、今度は家臣の蘇従(そじゅう)が意を決して諫言しました。すると、荘王は、手に刀を取って、宴会で使っていた鐘や太鼓を吊るしていた紐を断ち切り、政務を執る決意を示しました。

 (『十八史略、春秋戦国、楚』より)

 実は、荘王は3年間、政務には全く関心がないふりをして、家臣の人物を見極めようとしていたのです。

 つまり、「鳴かず飛ばず」とは本来、「三年飛ばず鳴かず」で、「将来の活躍に備えて、じっと機会を待っている」という意味だったのです。

                                                                  

                                                                  (瀬戸)
 

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

園児600人、豚の解体作業を見学 血なまぐさい「基礎教育」に物議=湖北省
英国、メイ首相の訪中で93億ポンドの契約 両国関係は「黄金時代」
中国前財務相、「中国金融リスクは08年の金融危機より深刻
焦点:中国の一帯一路、積極的な貧困国開発が生む懸念
イランタンカー沈没、「石油が日韓周辺海域に流れる」=英研究チーム
日米首脳、ミサイル防衛強化巡り電話会談 北朝鮮への圧力強化で一致
【中国のことわざ】三顧の礼
医山夜話
9歳の子供占い師
平昌オリンピック直前 羽生結弦選手の金メダルの可能性は?