ニューストップ 中国
災害

台湾でM6.4地震、ビル倒壊 少なくとも2人死亡、114人負傷

2018年02月07日 04時17分
大きく傾いた花蓮市の著名ホテル「統帥大飯店」は下層階がつぶれ、大きく傾斜した(ネット写真)

東部・花蓮県の近海で6日午後11時50分ごろ、マグニチュード6.4(米国地質調査所記録)の地震が発生した。現地メディアによると、2人が死亡、114人が負傷した。同県花蓮市にあるホテルなど複数の建物が傾斜、倒壊した。近海では4日深夜にもM6.5の地震が起き、現地では余震が続いている。

台湾メディア・東森新聞によると、花蓮市では一時1900戸が停電し、道路の陥没やガス漏れが発生しているという。花蓮市内の2つの橋が破損したため、道路は一部封鎖された。 現地の著名ホテル「統帥大飯店」は下層階がつぶれ、大きく傾斜した。同ホテルからは日本人旅行者30人を含む宿泊客100人以上が救助されたが、地下室に取り残された人がいる可能性もあり、捜索と救助活動が続いている。

中央気象局によると、震源の深さは10キロ。花蓮市のほか、宜蘭県南澚でも、台湾基準の震度7を観測した。中部の南投県合歓山で震度5、同じく中部の台中市徳基で震度4、北部の桃園市三光や台北市、南部の台南市佳里では震度3をそれぞれ記録した。

2月6日23時50分、M6.4の地震が発生、各地の震度を表示した。花蓮市は震度7(台湾基準)を観測した(台湾気象局HP)

花蓮周辺では余震が続いている。6日23時50分ごろから7日2時までに、震度4~5の地震が10回発生している。

被災地では消防や警察、軍による宿泊客や住民の救出や捜索活動が行われている。魏嘉賢・花蓮市長はメディアに対して、各方面に協力を要請し、人命救助に全力を尽くすと述べた。台湾国防部は、空軍機を人命救助のために派遣し、倒壊したビルなど建物からの救出のために300人以上の陸軍兵を派遣すると発表した。

(編集・甲斐天海)

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

英人気アニメ「ペッパピッグ」が不良分子?中国のネットから削除
焦点:北朝鮮が破棄約束した核実験場、すでに「使用不能」か
超監視社会の中国、親の信用度で子供は入学できず
中国、南沙諸島に対艦巡航ミサイルなど初配備=CNBC
「板門店宣言」完全な非核化と終戦宣言は実現されるのか
米国が南シナ海軍事化巡り中国に警鐘、「相応の結果伴う」
日本伝統の都・京都で中国伝統文化の花が咲く 「涙溢れ出る」
彼女が残した言葉
オードリー・ヘプバーンが本当に美しいワケ
ホームレスに扮した牧師 彼が試したのは…?