THE EPOCH TIMES
平昌オリンピック

女子1500メートル 高木美帆が銀メダル 個人種目では日本女子史上初

2018年02月12日 23時14分

12日、平昌五輪スピードスケート女子1500メートルで、高木美帆(23=日体大助手)が銀メダルを獲得した。五輪のスピードスケート女子個人種目で、メダルは98年長野五輪500メートルで銅メダルを手にした岡崎朋美以来、20年ぶり。銀メダルは日本女子史上初の快挙だ。

高木の記録は1分54秒55で、優勝したオランダのイレイン・ブスト(31)の1分54秒35とは0秒20と僅差。同種目に出場した小平奈緒(31=相沢病院)は1分56秒11で6位入賞、菊池彩花(30=富士急)は1分58秒92で16位だった。

(文・甲斐天海)

関連キーワード

関連特集

^