THE EPOCH TIMES
感動系

「母に会いたくなった…」ツイッターで大反響を呼んだ漫画

2018年03月16日 20時37分

親は、いくつになっても子どもの心配をするものです。現在連載中の漫画「海王ダンテ」の原作者・泉福朗さんがツイッターに投稿した「いつも子を案じる母親」の漫画は、「親の無償な愛」を再認識させてくれます。投稿には約19000人がリツイートし、68000人が「いいね」を押しました。

優しいタッチで描かれた漫画は、多くの人の心の琴線に触れました。自分の親への愛を語るコメントが相次ぎ書き込まれました。

「使い古されたフレーズですが、やはり母は偉大ですね。どうぞお大事にしてあげてください」

「親にとっては、何歳になっても子供は子供、色々な事情のある家庭もあるかも知れないけど、親子の愛情は変わりませんね。動物も然り、人間は感情があるだけ複雑だけど、親の子供に対する愛情は変わりませんね」

「泣きました。つい最近帰省が終わってばいばいする時にさ母から言われた言葉です。一人暮らしを始めて1年経ちますが毎日LINEがきます。母が私を思うように、私も母のことを思っていることを伝えたいです」

あなたにおすすめ:98歳のおばあちゃんへ 孫の女性が送った言葉

泉福朗さんの漫画を見て、やはり「お母さん」は誰よりも心強い存在だと、みなさん改めて感じたようです。

「実家暮らしで母に見送られて出勤や外出をするのですが、必ず『気を付けるんだよ』と送り出されます。帰宅前の連絡時にも『気を付けてね』が必ず…自分の体の心配してよーと言うと、あんたより大事なもんはないと言われるのでもっと母を大切にしなければと思いました」

「電車の中で、泣けてしまいました。気をつけて帰らねば。素晴らしいお母さまと、すべてのお母さんのためにも」

また、「母親に会いたくなった」との書き込みも多く見られました。

「今すぐ母親にあいたくなりました。心配性の母を思い出し涙が出てきます。次に帰省する時、親孝行しようと思います。素敵な作品をありがとうございます」

「今は元気でいるけど、この先どうなるか分からないし、考えたくないけどいつかは別れが来る・・・これからも母を大事にしようと思えるお話です」

泉福朗さんの投稿によると、お母さまは長年難病を患っており、このたび肺炎で入院されたそうです。間も無くご自宅に戻られるとも記されています。

中国語には「子欲孝而親不待」という言葉があり、「子供は親孝行したいが、親は待ってくれない(いつこの世を去るか分からない)」という意味です。離れていても、一緒にいても、いつも想ってくれる親には感謝の気持ちを伝えたいものです。

(文・李沐恩)

関連キーワード
^