印刷版   

株式市場下落で焼身自殺

 【大紀元日本6月3日】消息筋がニュースサイト看中国に明らかにしたところによると、25日水曜日、中国証券監督管理委員会(証監会)の入り口で焼身自殺を図った投資家は緊急に病院へ運ばれ、重傷を負ってはいるが、死亡には至らなかった。同日、南京の鴻運大廈にある蔚深証券は投資家から、大廈の中に爆弾を置いて証券会社の人と共に死ぬ、という内容の脅迫電話を受けた。この二つの事件は、株式市場が連日下落し、投資家の感情が臨界点に達していることを反映しており、政府が手立てを講じなければ、情況が更に悪化する恐れがある。

 また、証監会ビルの前で焼身自殺を図った投資家の身元が、民生部門の調査によって明らかになっている。

 四川省成都人:張小林 男 43歳

 四川省春華機械工場の下崗労働者

 2000年に20万元を借りて株式市場に参加

 2004年末、口座残高の市場価値はわずか1万元

 彼の遺書にはこう記されていた:“政府は頼りにできない!”

[中国語版又は英語版]:www.secretchina.com/news/gb/articles/5/5/28/115377.html

 (05/06/03 11:48)  





■関連文章
  • 株式市場挽回に失敗、中国株価続落、投資家が離れる(05/05/30)
  • 株価下落、投資家遁走、中共に市場を支える資金なし(05/05/19)
  • 林保華:中国国有銀行のブラックホールはどれだけ深いのか?(05/05/16)
  • 中国株式市場暴落 世界の石油メジャーは恐怖にかられ資本を撤退(05/05/12)
  • 林保華: 中国の金融危機は随時勃発の可能性(05/05/08)
  • 大手証券会社の南方証券は倒産、中国証券システムが破綻の危機に直面(05/05/05)
  • 株式市場と不動産ともに暴落(05/05/01)
  • 何清漣:香港株式市場は中国株式市場の二の舞?(05/04/17)
  • オーストラリア投資銀行総裁:中国よりも日本に投資を(05/04/05)
  • 【独占掲載】草庵居士が講演、中国の株式市場の内幕を暴露(05/03/19)