印刷版   

親が子供に伝えるべく100の言葉(1)

文・陳慧心

 【大紀元日本4月27日】青ちゃんは、両親のいうことを必ず実行するよい子で、母親も周りの人に自慢するほどの娘である。

 しかし、このころ、青ちゃんは少し反抗的になった。ことは青ちゃんの英語学習のことから始まった。母親として、中学校に入学した娘にとって、英語の基礎作りが非常に大事であると考えたため、毎週土日に英語の勉強を決め、娘の代わりに英語の学習塾の入学を申し込んだ。母親は、「娘はこれまで、両親の言うことを何でも従ってくれた、娘もきっと英語に励みたいだろう」と考えたため、事前に娘とは相談しなかった。

 当日、母親は帰ってきた娘に英語の学習塾を申し込んだ話をしたら、娘は気分を損ない、「何故自分に相談しなかったのか」と反論し、塾へ行かないと反抗した。

 母親は娘の反論に驚いた。「事前に相談しなかったのが悪かった。でも、塾へ行くのは英語の勉強に役立つと思うの。青ちゃんが他の考えがあるなら、少し話してみないか?お母さんは青ちゃんの考えを知りたいのだ」と話かけた。

 青ちゃんは「お母さんは忘れたの?私は毎週土曜日に、絵の教室に通わなければならないのよ、私は絵を描くのが大好きなのよ。それに、中途半端はよくないでしょう?」とゆっくり口を開いた。

 母親は、娘が絵の勉強をしていることをようやく思い出した「ごめんね。お母さんはすっかり忘れてしまったわ。それなら、絵と英語の両方が勉強できる方法を考えてみようか?いいかな?」

 青ちゃんは、母親を見つめて、「お母さん、理解してくれてありがとう…」と感謝の気持ちで答えた。

 我々の日常生活の中で、親が子供もきっと喜んでくれると思い込み、時々勝手に決め事をしがちであるが、子供たちは自分たちの考えを持っており、親の決め事を受け入れられないときもあるのだ。その場合、親たちは子供たちが受け入れない理由を真剣に聞くことができれば、子供たちの本当の考えが分かるのだ。

 積極的に聞き手になることは、親子の対話や子供を教育する良い方法だけではなく、そのもの自身が教育であるのだ。子供たちは、親の言動の影響を受けて、自分がおかれた環境において、自主的に且つ自信のある姿で現し、理性をもって落ち着いた態度で問題解決に挑むことができるようになるのだ。

 また、親は子供たちの本音を聞くようにする以上、子供たちを他人の話をも聞き上手に導いてあげて、人との付き合いの中で、他人を尊重するようにさせることが肝心である。

 子供たちは、我々大人が彼らの話を聞いていないことを感じたときに、心はどんな状態であろうか?子供たちが、「今は眠くない」と言ったのに対して、「早く寝なさい」と返事し場合、子供たちが、「公園へ遊びに行きたい」と言ったのに対して、「うるさいな、邪魔しないで」と返事した場合、子供たちが「お腹は空かない」と言ったのに対して、「ちゃんと食べなさい」と返事した場合、我々は子供たちに対して、どんなメッセージを伝えてしまったのか?親が子供たちの話を真剣に聞いてあげているときこそ、子供たちは自分が尊重されていることが感じられるのだ。これによって、子供たちの実践能力および他人との付き合い能力を培うことができるのだ。

 多くの場合、子供たちは親の指導および教訓を必要としないのだ。子供たちは、彼らの話を聞いてあげる人を必要とし、自分たちのことを理解してくれる人を必要としているのだ。故に、最良であるコミュニケーションとは、聞き手になることである。

 専門家のアドバイス:

 では、親たちはどのように子供たちの話を聞くのか?

 * 第一、手元にある仕事をまずやめること。子供の話を聞くときに、注意力を分散させる可能性のあることを一時的に止めて、一心不乱に子供の話を聞く。このこと自身が子供を尊重している態度であり、親子間のコミュニケーションの良い環境作りにもなる。さらに、自分の偏見や思い込みを捨てること。一部の親は、子供は宿題が難しいというのは、子供が一生懸命勉強しないからだと、学校の先生が悪いからだと決め付けている。大人の思い込みで子供を評価するのが愚かであるのだ。

 * 第二、自ら始める。子供たちに問題を解決させるまたは、経験や教訓を総括させるために、場合によって、親は聞き手に徹し、子供たちの分析および判断に任せることが最善の方法である。親の話がどんなに多くても、子供たちはすべてを聞き入れるとは限らない。しかし、子供たちが自ら考え、結び出した結論は、彼らの経験となるのだ。親たちは、次の方法で試すことができる。

 ◎ 親は、子供の感情を認め受け入れることに基づいて、平穏な気持ちで子供たちに対して質問をする。

 ◎ 子供たちは他人の立場に立って事を考えさせる。例えば、「先生はすべての事実を把握せずに、自分を叱ったのは確かによくないが、先生は自分に対して非常に期待しているからこそ、どうしても焦ってしまって叱ったのだ。どうだろうか?」を考えさせる。

 
(婦人と生活社の「親が子供に伝えるべき100の言葉」より転載)


 (06/04/27 06:22)  





■関連文章
  • 中共指導者の権力闘争と親米路線外交(06/04/20)
  • 歪んでいる日本の親中派(06/04/13)
  • 教育への活用が進むiPod(06/04/07)
  • 中共国家教育委員会:金のない生徒は教育を受けるな(06/03/17)
  • 中国住民、貧困の主要因は教育費(06/03/16)
  • 親の離婚、子供の心に深い傷(06/02/18)
  • 中国経済の現状と展望 その四(06/02/08)
  • アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピット、ハイチ訪問(06/01/17)
  • 外国人が驚く中国の真実(06/01/01)
  • 北朝鮮親睦関連団体、北朝鮮人権擁護大会を妨害(05/12/08)
  • 中国:チベットの寺院を強制閉鎖(05/12/02)
  • 進化論批判、米カンザス州で新基準(05/11/30)
  • 農民の増収は厳しい情勢 温家宝が直面する地雷陣(05/11/14)
  • 中国:新大学生42万人が学費を払えず(05/09/27)
  • 中国の教育現場は金次第、賄賂が横行(05/09/10)