印刷版   

11月8日、安倍晋三首相は、米中間選挙で民主党の優勢が伝えられていることに関連し、イラクに対する復興支援に変更はないと述べた。写真は10月、観艦式に出席する首相(2006年 ロイター/Issei Kato)

日本の対イラク復興支援に変更はない=米中間選挙で安倍首相

 安倍晋三首相は米国の中間選挙で民主党の優勢が伝えられていることに関連し、イラクに対する日本の復興支援計画に変更はないとの考えを示した。米中間選挙では、ブッシュ政権の対イラク政策に対する批判的な見方などが民主党支持につながったとみられている。

 安倍首相は官邸で記者団の質問に対し「イラクの復興に関しては、国際社会が取り組んでおり、日本もできることをしっかりやらなければならない。イラクへの支援について変更はない」と述べた

[東京 8日 ロイター]

 (06/11/09 07:47)  





■関連文章
  • 米中間選挙戦、民主党大きくリードで終盤に(06/10/30)
  • 米中間選挙、民主党が支持率で共和党をリード=ロイター/ゾグビー調査(06/10/27)
  • 郵政造反議員との協力、幹事長に検討を指示=安倍首相(06/10/24)
  • 英副首相との会談、拉致問題に協力を要請=安倍首相(06/10/24)
  • 安倍首相とライス長官が会談、北朝鮮問題で連携の緊密化確認(06/10/19)
  • 米中間選挙まで3週間、「10月サプライズ」はあるか(06/10/18)
  • 「いざなぎ」に並ぶ景気回復、今後も力強い成長にむけ努力=安倍首相(06/10/13)
  • 北朝鮮の行動は断じて容認できず、厳しい措置を決定=安倍首相(06/10/12)
  • 北朝鮮の2回目の核実験、兆候あったとの情報には接していない=安倍首相(06/10/11)
  • 再送:平和的・外交的解決が国際社会の一致した見解=北朝鮮で安倍首相(06/10/11)
  • 北朝鮮核実験、重大な脅威との認識で日韓首脳は一致=安倍首相(06/10/10)
  • 北朝鮮核実験、確認のため情報収集し分析=安倍首相(06/10/09)
  • 安倍首相が8日に中国で首脳会談、9日には韓国で(06/10/04)
  • 北朝鮮が核実験すれば、国際社会全体で厳しい対応=安倍首相(06/10/04)
  • 首相官邸が5日からメールマガジンとホームページを刷新(06/10/03)