印刷版   


為替相場の過剰な変動は回避すべき=アルムニア欧州委員

 欧州委員会のアルムニア委員(経済・通貨問題担当)は1日、現在の為替相場について、これまでに達したことのある水準で、経済に影響を与えることはなかったとの見解を示したうえで、過剰な変動は回避するべきだと警告した。

 同委員は、当地で記者団に対し「為替相場の過剰な変動や異なる通貨間での無秩序な動きは、経済成長にとって非常にネガティブな要因であり、われわれはこれらを避けなければならない」と警告。

 ただ「現在のところ、ユーロはこれまでに経済に影響を及ぼすことなく推移してきた範囲内にとどまっている」と指摘した。

 ドルは今週、対ユーロで1年8カ月ぶり安値に下落した。

 [バルセロナ 1日 ロイター]

 (06/12/02 01:33)  





■関連文章
  • ユーロ高、2007年の欧州企業の利益圧迫も=S&P(06/12/01)
  • 人民元の対ドル基準値は7.8402元、切り上げ後の最高値(06/11/27)
  • NYSE、ユーロネクスト買収提示額引き上げを示唆(06/11/01)
  • ユーロ/円が上昇、ユーロ導入来の高値=東京外為市場(06/10/27)
  • 人民元の対ドル基準値は7.8995元、切り上げ後の最高値=中国人民銀行(06/10/20)
  • 中国は人民元改革を推進、切り上げ可能性は排除=首相(06/09/06)
  • ユーロは十分評価された水準にある=仏経済財務産業相(06/09/01)
  • ユーロ圏金融市場はECBの10月利上げを確実視(06/08/31)
  • ユーロ/円が150円台乗せ、ユーロ導入来最高値=東京外為市場(06/08/29)
  • 人民元が対ドルで前週終値から上昇=上海外為市場(06/08/21)
  • ユーロ/円、ユーロ導入以来の最高値を更新=東京外為市場(06/08/10)
  • ユーロ圏インフレ率、当面2%上回る状況が続く=ECB専務理事(06/07/11)
  • 原油価格はユーロ圏経済・インフレ双方にリスク=オーストリア中銀総裁(06/07/06)
  • 6月ユーロ圏サービスPMIが6年ぶり高水準、インフレ圧力も(06/07/05)
  • 現在のユーロの対ドル相場は「妥当」=フランス貿易担当相(06/06/21)