印刷版   

起死回生の妙薬

 【大紀元日本3月4日】昔、ある家で父親が亡くなった。それからしばらくして、今度は母親も病に倒れた。子供は医者を呼んだが、医者はどうしても病気の原因を突き止めることができなかった。医者は子供に対して出任せに「起死回生の妙薬しか、あなたの母親を助けることができない」と言い残した。

 子供は医者の言葉を信じ、市場に出かけた。子供は、「起死回生の妙薬はありますか?」と尋ねながら、町中の店を一軒一軒回った。聞かれた店の人たちは、皆「ないよ」と答え、また言いがかりをつけられたと感じた人は、話も聞かずに子供を追い出した。1日目、子供はがっかりして帰宅した。翌日、子供は別の道を行き、またも一軒一軒店に入り、妙薬があるか尋ねた。しかし、空が暗くなるまで探しても見つけることはできなかった。この日、子供はまたも肩を落として家へ帰った。

 3日目、具合がますます悪くなる母親を見て、子供は勇気を振り絞り、再度市場へ出かけた。子供は同じように一軒一軒店を回り、ある旅館に入って尋ねた。ちょうどそこで食事をしていた客が、子供に起死回生の妙薬は何に使うのかと尋ねた。子供は経緯を全部話した。すると、その客はポケットからたくさんの丸薬が入っている箱を取り出し、1粒を子供に渡して「これが起死回生の妙薬だ。母親の病を治してあげなさい」とささやいた。子供は持っていた僅かばかりのお金を客に渡し、妙薬を家へ持ち帰った。

 子供は「母さん、起死回生の妙薬を買って来ましたよ。これを飲めば、直ぐに治ります」と嬉しそうに叫んだ。翌日、ある医者が子供の家を訪ね、母親に針灸の治療を行い、煎じた薬を母親に飲ませた。すると母親は、みるみる元気になり、寝床から降りることもできるようになった。親子は感激して跪き、命の恩人である医者に感謝した。医者は、自分ではなく、妙薬をくれた人に感謝すべきだと言い、次の話をした。

 起死回生の妙薬をくれた客は、実は朝廷の大臣だった。彼は子供の孝行ぶりに感動し、皇宮の侍医を派遣して、母親の治療を命じた。侍医は大臣が母親に当てた手紙を渡した。手紙には「貴方のお子さんは、母親の病気を治すために、あちこちへ起死回生の妙薬を捜し求めていました。親孝行なお子さんをお持ちで、貴方は本当に運が良いですね。人命を救えるものは起死回生の妙薬ではなく、人と人との愛情であることは、しっかりと覚えておきたいものです」と書かれていた。

 (07/03/04 10:10)  





■関連文章
  • 母のくれた飴(07/02/28)
  • バレンタインデー、起源は古代ローマの男女の思い(07/02/14)
  • 【歴史物語】一生を託してくれた妻に報いる(07/01/09)
  • 天国への手紙(06/09/08)
  • 【物語】消えた憎しみ(06/08/29)
  • 無駄なものは要らず(06/08/23)
  • 物事の本質(06/08/16)
  • 温故知新 刻舟求剣からの教え(06/08/10)
  • 【物語】素朴な愛の表現(06/07/15)
  • 【物語】日本の神芝居:「老人と桜の樹」(06/07/01)
  • 【物語】殺生の罪を知る、心優しき兵法家が編み出した「天下泰平の活人剣」(06/06/28)
  • 【歴史物語】一人前の男とは何か(06/06/24)
  • 【エッセイ】世界で一番すばらしい「手」(06/06/16)
  • 中国共産党演義(06/05/29)
  • 分相応(06/02/08)