印刷版   

9月12日、米環境団体は世界で最も汚染された地域がロシア周辺に集中しているとの報告を発表。写真はウクライナのチェルノブイリで昨年11月撮影(2007年 ロイター/Gleb Garanich)(ロイター)

世界で最も汚染された地域、ロシア周辺に集中=米環境団体

 非営利の環境団体ブラックスミス研究所は12日、世界で最も汚染された地域10カ所のうち、4カ所がロシアと旧ソ連圏に集中しているとの報告を発表した。1986年に大規模な原発事故が起きたウクライナのチェルノブイリなどが含まれる。

 ニューヨークを拠点とする同研究所の報告によると、このほか2カ所が中国、2カ所がインドにあるという。

 報告では、これら10の地域は、合計1200万人前後にぜんそくなどの呼吸器疾患や出生異常、早死になどの健康問題を引き起こす可能性があると指摘。

 同研究所のリチャード・フラー創設者兼所長は、簡単な土木計画などによってこれら多くの地域を安全にできるにもかかわらず、資金や政治的意思、技術力が欠落しているのが現状だと述べた。

 [ニューヨーク 12日 ロイター]

 (07/09/13 23:15)  





■関連文章
  • 米中、中国製玩具の鉛使用禁止で合意(07/09/12)
  • フランス政府関係者、中国からのハッカー侵入を明かす(07/09/11)
  • 米民主党政治献金疑惑:逃走した華人容疑者、逮捕(07/09/10)
  • 中国7大水汚水処理、汚染速度に追いつかず(07/09/10)
  • 過度の運動は、心臓の衰弱を招く(07/09/09)
  • 蜜蜂集団消滅、中・豪輸入蜂製品のウイルスか=米誌(07/09/08)
  • コンゴ:原因不明の感染症、犠牲者の半数は子ども=WHO(07/09/06)
  • 北朝鮮、テロ支援国リストから外れていない=米国務次官補(07/09/05)
  • 米国企業、「空飛ぶ車」を開発(07/09/04)
  • 中国製お絵かきセットに鉛、米トイザらス社回収(07/09/03)
  • 中国:環境汚染で食品問題にさらなる危険性(07/08/30)
  • R・ストーンズが世界ツアー終了、これで見納めとの見方も(07/08/29)
  • 米国、年末まで豚肉2.7万トン中国に輸出(07/08/28)
  • 陸上=世界陸上、ゲイが男子100mで優勝(07/08/27)
  • 中国広東省:住宅街に黒い雨、大量の硫化物検出(07/08/26)