最も悲惨な運命を辿った蕭光琰博士、文化大革命で家族を失う(二)【百年の真実】

当時、29歳の蕭光琰は中国共産党の統一戦線組織である「中国科学工作者協会」に加入しました。建国初期の中国共産党は人材不足で、海外の学生たちの愛国心を利用して、「祖国に帰って才能を発揮する」ように誘導しました。蕭光琰は協会の人に言われるがまま、すぐに荷物をまとめて中国に行きたいと思っていました。しかし、彼は帰国の最初の障害に直面します。

最も悲惨な運命を辿った蕭光琰博士、文化大革命で家族を失う(一)【百年の真実】

多くの皆さんは「千人計画」という言葉を聞いたことがあるでしょう。これは、かつて中共が宣伝した「海外ハイレベル人材招致計画」です。中共が提示した条件は非常に魅力的であり、例えば、一人当たり100万人民元の助成金を一度に受け取ることができ、本人と家族は特別な医療ケアや福利待遇を享受できるなどがありました。

最も悲惨な運命を辿った蕭光琰博士、文化大革命で家族を失う(三)【百年の真実】

1951年、蕭光琰が帰国してからまだ9カ月も経っていない時に、中国共産党は知識人を対象にした「思想改造」運動を開始しました。アメリカでの留学経験を持つ彼は「重点批判の対象」とされました。

上海ハロウィン百景 皮肉たっぷりの仮装で「政府や共産党体制を揶揄する民衆」

ハロウィンの期間中、若者たちは上海の街に繰り出し、さまざまな仮装を披露した。それらは、そのまま中国共産党体制に対する痛烈な揶揄であった。
2023/11/02 李凌, 鳥飼聡

中華民族の精神損なう行為を禁止、中国の法改正案に懸念相次ぐ

中国の「治安管理処罰法」の改正案に民族の「精神を損なう」発言や服装、シンボルを禁止する内容が盛り込まれたことに対し、法律専門家などから懸念する声が上がっている。
2023/09/08 Reuters

着物は罰則対象? 中国、「国民の感情を傷つける」服装に罰則か 法改正案を発表

中国当局は「国民の感情を傷つける」服装に罰金や懲役刑を科す法律を改正する意向だ。福島第一原発の処理水放出を受けて日中関係が悪化する中、中国のネットユーザーからは「日本の服を着ることは罰則対象か?」などと疑問を呈する声が上がっている。
2023/09/07 山中蓮夏

雇われた「毛沢東のそっくりさん」 文革犠牲者の墓前に土下座のパロディ

華人圏に広がっているある動画が話題になっている。農村で「毛沢東」に扮した人物が、文革の犠牲者の墓に土下座して謝罪する場面である。
2023/06/18 李凌, 鳥飼聡

【インフォグラフィック】中国共産党、血塗られた虐殺の歴史

自国民に対する虐殺を語らずして、中国共産党の歴史を語ることはできない。共産党が存続する限り、中国と世界に真の平和と繁栄が決して訪れないことを、その血塗られた歴史が物語っている。
2023/06/04

慧能の千年不壊の真身(しんじん)【未解決ミステリー】

中国に現存する最古の肉身は、唐の時代の禅宗の第六祖である慧能(えのう)の真身です。六祖というのは中国禅宗の開祖・達磨大師から数えて6番目の祖師に当たります。
2023/05/17 扶揺

華麗なるCEOの私生活(第3章)

ゾウ・リーさんは、家庭観念が強かったが、誰にも構ってもらえず、文革時には両親が捕らえられ、家は赤衛隊の指揮部となった。まだ10歳だった彼女は、近所の人たちに助けられながらも、腐った食べ物を洗って食べる日々を送った。
2023/04/23 呂琴兒

文化大革命の経験者「米国も同じ方向へ向かっている」=シー・バン・フリート氏インタビュー(2/2)

中国で文化大革命が始まった時、フリートさんは小学校1年生だった。混乱の学生時代を過ごし、他の若者たちと同様に農村へ送られ、過酷な労働も経験した。現在、アメリカに居住するフリートさんは、左派がアメリカ社会を蝕んでいると指摘
2021/12/14

「まるで中共」中国系住民、米司法当局の批判的人種理論めぐる対応を非難

中国系女性、シ・ヴァン・フリートさんはこのほど、批判的人種理論(CRT)をめぐって、全米教育委員会連合と米司法省を非難した。
2021/10/16

「英雄侮辱」で相次ぎ拘束者 今度は毛沢東長男侮辱の「卵チャーハン発言」で

中国で話題になっている映画『長津湖』のテーマは朝鮮戦争。中国の一人のネットユーザーは朝鮮戦争を嘲笑する投稿をしたことで、10日間拘禁された。
2021/10/14

3.8億人が中国共産党から脱退 米ペンシルベニア州上院が表彰

9月26日、在米の法輪功学習者がフィラデルフィアのチャイナタウンで集会を開き、22年続く中国共産党による法輪功迫害の停止を訴えた。集会登壇者らは、中国共産党とその関連組織から離脱した3億8000万人の中国人の決断を讃え、同州下院議会が交付した、法輪功および脱党者に対する表彰状を紹介した。
2021/10/02

中国、全国運動会での革命歌の演出に批判殺到「文化大革命が再来か?」

このほど行われた中国全国運動会(全運会)の開会式で、過激な革命歌を歌った人気歌手2人が、世論から批判を受けた。問題の動画は、20日夜にインターネット上から削除された。
2021/09/28

「いびつな美意識」女っぽい男性芸能人を排除する中国 専門家「起こりうる戦争への備え」 

中国当局は最近、国内で流行っている「娘炮(女っぽい男性)文化」を正そうとしている。全土のテレビ・ラジオ・新聞・出版社を管轄する公的機関・国家新聞出版広電総局(略称:広電総局)はこのほど、エンターテインメント業界および芸能界の男性メス化文化を食い止めるという方針を明らかにした。
2021/09/26