印刷版   

ミツバチ各種別の方言、学習で意思疎通が可能

 【大紀元日本6月7日】豪州研究員によると、ミツバチは自分の意思を伝えることができるだけではなく、違う種類のミツバチ方言も学習により理解できるようになるらしい。

 豪州大学研究員は、ミツバチがダンスと羽根の動きにより意思表示をすることは言語学界ではミツバチの言語だと考えられており、さらに違う種類のミツバチはそれぞれ違うステップと羽根を動かす方向、周波数で意思表示をすることも知られていると述べた。

 研究で9種類のミツバチを同じ巣に入れたところ、50日間の共同生活の末、意思疎通をするようになったという。各種蜜蜂の斥候兵が互いの方言を学習し、情報を交換しあえるようになったという。

 
(翻訳・市村)


 (08/06/07 10:52)  





■関連文章
  • 米国:商業ミツバチ36%が死亡 作物の収穫に影響(08/05/13)
  • 1999年中南海直訴「四・二五」の参加者、真相を語る(08/04/25)
  • 大気汚染で花の香りが減少(08/04/23)
  • せい火リレーの「青い軍団」は、中国当局の秘密警察=英紙(08/04/19)
  • 北京:学業に興味ない大学生3割超(08/02/22)
  • 米国のミツバチ大量死、穀類など農作物に影響のおそれ(08/02/15)
  • 中国法輪功学習者難民、米政府受け入れ(07/11/19)
  • 中国当局、APEC取材で大紀元時報に妨害工作(07/09/02)
  • 中国少数民族、言語と文化喪失の危機(07/08/07)
  • 中国語学習ブーム、世界現象に(07/07/31)
  • 複数言語を話す人は認知症になりにくい(07/01/31)
  • ニュージーランド、再び国連難民の法輪功学習者を受け入れ(06/10/18)
  • 世銀予測:中国語、英語に代わり共通言語に(06/09/28)
  • 欧州委員会、臓器収奪事件に関する公聴会の開催を提案(06/05/03)
  • 米キリスト教指導者ら、抗議した女性記者の提訴撤回を米政府に呼び掛け(06/04/29)