印刷版   

口止め料を配る現場の列並び

口止め料受け取りに列を作る記者、中国炭鉱事故の裏

 【大紀元日本10月30日】中国のメディア記者100人あまりが某炭鉱事故後炭鉱経営側から口止め料を受け取ったことが、このほど明らかにされた。一人の記者がその現場の撮影に成功、写真を公開した。

 9月20日ごろ、中国山西省霍州市の炭鉱で、作業員1人が地下採掘場の倒壊により生き埋めされ死亡する事故が発生。事故後、炭鉱経営側は地元政府に報告しなかったが、情報を聞きつけ集まったメディアの記者100人以上に口止め料を支給した。その額はメディアの規模によって異なり、中には偽記者もいるという。

 9月25日夜、中国紙「西部時報」の記者・戴驍軍さんは、口止め料を受け取る今回の現場を撮影成功、列を作って待っていた記者とその名前を書いた記帳簿の写真などを公開、約100人以上の記者が集まっていたという。

 山西省では、炭鉱採掘が盛んに行われている。『山西省非法違法炭鉱行政処罰規定』(2005年12月1月から実施)は、死亡事故が発生する場合、死者一人につき遺族に20万元(約280万円)以上の補償金、安全生産管理の政府機構に100万元(約1400万円)の罰金を支払うのを定めている。

 そのような状況において、炭鉱経営者は高額の罰金を逃れるために、死亡事故を極力に隠ぺい、集まるメディア記者に口止め料を支給するようになった。今回のケースは現地では決して珍しくなく、そのような記者は「記者という飯茶碗を抱えた物乞い」と名づけられている。

 中国では、多くの炭鉱経営者は暴利を貪うばかりで、採掘現場の安全問題を軽視している。官民癒着により地方政権の監督も形だけのものである。そのため、各地で炭鉱死亡事故は頻発し、今回のような珍ビジネスは密かに展開されている。

 今回報じられた問題の炭鉱を経営するのは、「霍宝乾河・炭鉱有限公司」、県内有数の大手企業2社が共同出資している。
口止め料を配る現場
口止め料をもらった人の名簿


 

 
(翻訳編集・叶子)


 (08/10/30 20:49)  





■関連文章
  • 世界トップの台湾FPD業界、都内で記者発表会(08/10/29)
  • 米議会議員68人が連署で、新唐人テレビの放送再開をユ社に要求(08/10/25)
  • 中国人権活動家・胡佳氏、ノーベル平和賞落選=各界から遺憾の声相次ぐ(08/10/14)
  • 炭鉱爆発事故、27人死亡=遼寧省(08/09/06)
  • 花火工場で爆発事故で15人死亡=内モンゴル自治区(08/09/02)
  • 公安に民衆が抗議、衝突で負傷者多数=広東省(08/08/31)
  • EU 情報社会メディア委員会、新唐人衛星信号切断問題に質疑(08/08/30)
  • 拘束された外国人抗議者ら、五輪閉会式時に強制送還(08/08/26)
  • 車両衝突事故発生16人死亡=ナイジェリア(08/08/25)
  • 新唐人放送妨害事件:国境なき記者団、仏衛星会社に遮断中止求める(08/08/21)
  • 北京五輪定例記者会見、外国メディアの人権質問に報道官怒りあらわ(08/08/17)
  • 北京五輪:英国記者取材中、警察から暴力受ける(08/08/15)
  • 中国五輪ボート選手、交通事故3人重傷=北京(08/08/15)
  • バス横転事故発生、24人死亡=新疆ウイグル自治区(08/08/14)
  • 大型トラックとバスが衝突=山東省(08/08/12)