印刷版   

アフガンニスタンで自爆テロ、CIA諜報員8人死亡

 【大紀元日本1月4日】アフガンニスタン東南部の米軍基地で自爆テロが発生し、8人が死亡。多くはCIA諜報員だったと、12月31日、米国国務省のケリー報道官が明らかにした。

 自爆テロは、同国東南部のパキスタンとの国境地帯ホースト州で発生。犯人は、護衛を通り抜け、体育館と称される部屋で、爆弾の詰め込まれたベルトを起爆させた。

 同基地は CIAと各地に点在する復興チームの一つが利用していた。人権的な援助、困難の生じている地域の安定をはかるために編成されたチームにあたる。

 今回の自爆テロ発生直後、米国政府関係者は、死者は米国の民間人と説明していたが、その後CIAの諜報員であると訂正した。

 ホースト州はタリバンの本拠地の一つ。これまでの1年間、現地は米軍とタリバンの激しい交戦に度々見舞われたという。

 BBC中文ネットによると、主要都市のカンダハルでも12月30日に襲撃事件が発生、カナダ政府軍のトラックが襲われ、兵士4人と記者一人が死亡している。

(翻訳編集・叶子)


 (10/01/04 07:33)  





■関連文章
  • パキスタン、連続爆発事件で49人死亡(09/12/09)
  • 「まさか、自分が騙されるとは」 ロンドン前副市長、中国美女の罠に(09/12/04)
  • 自爆テロで19人死亡=パキスタン・ペシャワル(09/11/21)
  • 防護服でキャットウォーク=パキスタンのファッションショー(09/11/12)
  • タリバン、中国製武器を使用(09/10/03)
  • 国外政治家を手込めにする中国当局の手口=元諜報員が公開(09/09/16)
  • 注目のアフガン大統領選挙 開票スタート (09/08/22)
  • 米軍事専門家:中国当局の暗躍とその二面性に対抗せよ(09/07/02)
  • 米国防省中佐逮捕、中国当局に極秘情報提供の疑い(09/05/15)
  • 中国の元諜報員:中共当局は海外で膨大な情報ネットを持つ(09/03/25)
  • 中国の元諜報員、米国で中共離脱を公開宣言(09/03/16)
  • 豪州に厖大な中国工作員ネットワーク=元国家諜報員(08/12/05)
  • 中国最大の輸出品見本市、諜報員と盗聴設備設置=商務部元幹部(08/10/31)
  • 駐日アフガニスタン大使、テロの根源を糾弾(08/09/29)
  • トルキスタン・イスラム党の録画映像、北京五輪襲撃などを予告(08/08/08)