印刷版   

25日、中国各地の第1四半期GDPが発表された。いずれも成長率11%以上を記録(PETER PARKS/AFP/Getty Images)

「大躍進の再来」 各省のGDP成長、全国平均値を上回る ネットに批判殺到=中国

 【大紀元日本4月28日】上海市とチベット自治区を除く中国29の省、自治区と直轄市が25日、第1四半期の国内総生産(GDP)成長率を発表した。新疆ウイグル自治区以外の28の一級行政区(省・自治区・直轄市)はいずれも、全国GDP成長率の11・9%を上回り、その中でも18の省、自治区、市の成長率は15%を超えた。これについて、インターネットでは疑問と批判の声が多数寄せられている。

 発表を行ったすべての一級行政区は、GDPの「成長」を遂げた。特に海南省は同期比、25・1%という数字をたたき出し、全国トップとなった。昨年上半期で唯一、マイナス成長となった山西省は19・1%の増加で大躍進を遂げ、上位にランキング。全国のGDP成長率11・9%を下回ったのは新疆ウイグル自治区(11%)のみだった。

 「各地のGDP成長率が全国の数字を上回るのはよくあることだ」と北京工商大学経済学院産業経済研究センターの周清傑執行主任は語る。「統計のやり方に問題があるほか、地方政府が業績を上げるために、データを水増しした可能性もある」と指摘する。

 「大躍進の再来」

 各地の「業績上々」の経済成長ぶりに、ネットユーザーは疑問の声を上げている。ポータルサイト「網易」では同情報を報道した当日、掲示板には1600あまりの書き込みが寄せられ、批判の声が集中した。

 「西南部大干ばつの最中、GDPの大幅の増加なんてありえるのか」

 「十数年前からGDPは2桁の成長を遂げているが、GDPが高くなるほどで、私たちの生活が苦しくなる」

 「数学は苦手。28の省の成長率が全国の成長率を超えているなら、11・9%と言う数字はどうやって計算されたのか、教えて欲しい」

 「GDPの成長はまったく感じない。しかし、不動産の高騰はよく分かった」

 「不動産がここまで高騰したのだから、GDPが増加するのも当然だ。不動産バブル化で中国を繁栄させよう!」

 また、GDPそのものの意義について疑問視する声も寄せられている。「GDPは既に嘘の代名詞になり、全国から批判の声が上がっている。なぜ政府は目覚めないのか」とあるネットユーザーは不満をぶつける。「会社経営をしているが、金融不況のあとは経済成長など全く感じられない」とコメントした。

 さらに、「青海大地震でGDPが成長する。倒壊した建物処理で掛った費用はGDPの成長として一度数え、それを再建する際またGDPの成長となる」と風刺する発言も多くみられた。

 ほかにも、「『水増し』上手な統計局はぜひ、西南地区の干ばつを助けるべきだ」、「このまま行くと、第2四半期にすべての省のGDP成長率が全国平均を上回る」など皮肉まじりのコメントや、「中国人はいつも自らを欺き、他人を欺いている」と嘆く声もあった。

(翻訳編集・高遠)


 (10/04/28 11:07)  





■キーワード
GDP  不動産バブル  


■関連文章
  • 大都市の住宅価格は世帯所得の50倍 深刻化する不動産バブル=中国シンクタンク(10/04/25)
  • 大都市で物件投売りブーム バブル抑制新措置の発表で 「隔靴掻痒」と専門家は否定的=中国(10/04/22)
  • 中国不動産バブル、2011年に崩壊?日本を基準の予測、中国で大反響(10/04/09)
  • 中国各地で「空城」続出 09年の景気回復、資産バブルの上にたなびく蜃気楼か(10/03/05)
  • 外資系投資会社、所持の上海不動産を相次いで売却(10/01/22)
  • 四大国有銀行 元職員千人、北京で抗議デモ(09/10/28)
  • 先進国家の新しい指標、GDPより幸福指数重視(08/03/12)
  • 中国指導部、2005年度グリーンGDP報告書公表阻止(07/03/29)
  • 4―6月期実質GDP2次速報値は前期比+0.2%、1次速報は+0.2%(06/09/11)
  • 中国の公的部門債務残高、実際は公式発表の4倍以上=専門家(06/08/23)
  • 4―6月期実質GDPは前期比+0.2%、年率+0.8%=内閣府(06/08/11)
  • 世界的な不均衡、中国の経済や金融システムの脅威に=中国人民銀行幹部(06/07/14)
  • 1─3月GDP2次速報は上方修正、内需デフレーターが5期ぶりにプラス(06/06/12)
  • 中国の不動産バブルを分析(06/05/25)
  • 中国の不動産バブルはどれだけ持ちこたえることができるのか?(05/04/23)