印刷版   

(LIU JIN/AFP/Getty Images)
 

グーグル、世界ブランド価値ランキングで首位

 【大紀元日本5月2日】マーケットリサーチ会社Millward Brown Optimorが28日に発表した世界のブランド価値ランキング(BrandZ Top 100)で、グーグルが1位の座を獲得し、マイクロソフトやアップルを大きくリードした。

 Millward Brown Optimor社が発表したこのランキングは、各社の財務データに加え、世界中の消費者100万人以上を対象としたインタービューデータが基となっている。今回トップ10入りしたブランドは:グーグル、IBM、アップル、マイクロソフト、コカ・コーラ、マクドナルド、マルボロ、チャイナ・モバイル、GE、ボーダフォンとなり、大半をIT・通信系ブランドが占めた。

 社名が検索を意味する動詞にまでなっているグーグルのブランド価値は1千140億ドル(約10兆7千億円)以上で、2009年から14%増加。IBMは30%増の860億ドル(約8兆1千億円)、アップルは32%増の830億ドル(約7兆8千億円)だった。なお、マイクロソフトは760億ドル(約7兆1千億円)、コカ・コーラは680億ドル(約6兆4千億円)だった。

 ブランド価値を最も伸ばしたのは韓国のサムスンで、前年より80%増の113億ドル(約1兆1千億円)となっている。日本ブランドの中で、トヨタは前年より27%減で26位にとどまり、続いて任天堂32位、ホンダ46位、NTTドコモ57位、日産84位、ソニー94位とトップ100にランクインしている。

(翻訳編集・心明)


 (10/05/02 05:00)  





■キーワード
グーグル  ブランド価値  サムスン  アップル  


■関連文章
  • グーグル、各国政府のコンテンツ削除要求を公開 中国でのデータなし(10/04/22)
  • 中国撤退の影響は軽微 グーグル社、売上高過去最高 純利益37%増(10/04/17)
  • 高速ブラウザ・オペラミニ、iPhoneで閲覧可(10/04/17)
  • 中国当局の検閲 グーグルの根幹を揺るがす(10/04/14)
  • iPad、販売初日に70万台の売上げ=アナリスト推定(10/04/09)
  • 龍が泳いでいるような湖北明山ダム=グーグル航空写真(10/04/03)
  • 「神鳥ググル南部遷移記」が国内紙に グーグルを討つ中国当局に民衆が反撃(10/04/01)
  • 検閲停止でグーグル社に敬意 大紀元グループの声明(10/03/30)
  • グーグルの中国市場撤退、外資系の「ニューリアリズム」反映(10/03/28)
  • 「中国政府の手先になりたくない」 米2大ドメイン登録会社、中国の新規登録を停止(10/03/26)
  • グーグル、中国での検閲正式停止 株価0・4%上昇(10/03/24)
  • グーグル社の撤退間近 中国:「ドタバタ劇」や「代理が賠償請求」(10/03/21)
  • Google Earth、米軍「戦闘機の墓場」写真を公開 (10/03/01)
  • サイバー攻撃の発信源は中国の名門大学=米紙報道(10/02/21)
  • 外国資本への規制に不満 英国企業、中国市場からの撤退を計画(10/02/14)