「言葉に尽くせない神韻の美」台湾ライオンズクラブ地区会長

2013年04月07日 07時00分
【大紀元日本4月7日】神韻巡回芸術団による神韻台湾公演は、その舞台を台湾中西部にある彰化県員林へ移した。4月1日夜に行われた彰化での初日公演も満席の賑わいで、現地の政治家や企業経営者などの主流社会を中心に、1枚のチケットも入手しにくい人気ぶりをみせている。

 この日の公演に訪れた観客のなかに、ライオンズクラブ国際協会に所属する300-C3地区の会長を務める呉文亨氏もいた。

 家族とともに訪れた呉氏は、今回が初めての神韻鑑賞。呉氏は「まさに視界が開けたようだ。これほど壮大で、すばらしい舞台を初めて見た」と述べ 、その感動を次のように続けた。

 「この神韻の美しさを表現する言葉がない。人類の言語で、神韻の美を形容することはできないだろう。これほど完璧な舞台は初めてだ。演目の内容はもちろんのこと、出演者の演技や衣装、舞踊なども非常に専門的で研究し尽くされている。この鑑賞を通じて、私が得たものは多い。最高レベルの芸術を目にすることができて、まさしく視界が開けたようだ」

 普段は職務が忙しいため、このような舞台芸術に触れる機会は多くないと呉氏は語る。そんな呉氏の目に映った神韻は、まさに「瞬きするのも惜しい」ほどだという。

 「全ての演目に感動し、また衝撃を受けた。私は、これほど華やかで精緻を極めた舞台を見る機会は少ないので、本当に瞬きするのも惜しいほど目を凝らして見ていた。神韻は、中華五千年の文化を全世界に向けて発揚するものであり、本当にすばらしい」

 彰化市は、今回の神韻台湾公演における最後の開催地であり、3回の公演が行われる。台湾公演を終えると、今年のアジアツアーを担う神韻巡回芸術団は、次の開催国である韓国へ向かう。

 (翻訳編集・牧)


関連キーワード

関連特集

^