中国株急落 上海と深センで51%が取引停止 268兆円規模

2015年07月08日 17時50分

【大紀元日本7月8日】中国株が下がり続け、売買停止が相次いでいる。8日、上海と深センの両証券取引所は、全体の51%の銘柄が自主的に取引を一時停止した。

 8日、660の中国本土の企業が取引を中断したため、上海と深セン取引所における2808銘柄のうち1429が取引停止状態という異例の事態に発展した。一時停止した市場規模は約268兆円に及ぶ。

 サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、停止理由について企業は「重要な計画における準備」と回答しているという。

 中国株の基準となる上海総合指数は8日午前中に7%近く下落した。6月中旬以降、中国株式市場全体で時価総額の約3割が失われた。
 

(翻訳編集・佐渡 道世)

 

 

 

関連キーワード

関連特集

^