THE EPOCH TIMES

便座の2万倍バイ菌がついているPCキーボード 簡単掃除法

2016年10月22日 06時00分

 現代生活ではもはやインターネットとは切っても切れない関係になっています。小学校でもパソコンを使うようになってきているし、年配者用の携帯電話や宅配用の簡単操作インターネット注文まで、田舎でさえ各家にパソコンを置いているほどになっています。さて、家の中を掃除するときにテーブルや椅子、テレビをも拭いたりしますが、毎日使うパソコンを今まで何回掃除しましたか?

 アメリカでITのトレーニングを行うサイトの運営者・オレゴン州CBT Nuggets社は最近、オフィスで使用される常備品を対象にどれが最もバイ菌が多く付着しているかについての調査を行いました。すると、異なる入り口を出入りする時に使うIDカードが最も汚くて、2.54平方センチメートルのスペース(ペットボトルのキャップと同じくらいの大きさ)だけでも462万個のバイ菌が着いていると報告されました。

 IDカードに次いで、パソコンキーボード(約354万個)、電話(160万個)、マウス(137万個)、タッチパッド(810個)の順になっています。我々が日常生活の中で思われている最も汚い便座でも172個のバイ菌しか付着していないのに比べて、パソコン周辺機器は恐ろしいほど汚いことがよくわかります。

 ちなみに、子どもたちがよく遊ぶ玩具から約2万個のバイ菌が検出されて、ペンは51個、水洗トイレのレバーは30個でした。

 今回の分析結果から、キーボードに付着しているバイ菌数は便座より2万倍以上多く、マウスの場合は、水洗トイレのレバーより4万5千倍ものバイ菌が温存しているとのことです。中では、取り外すことに戸惑う人が多く、最も掃除しにくい、またはどう掃除すれば良いかがわからないのがキーボードです。それでは、ここで、キードードの簡単な掃除法をご紹介しましょう。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^