スウェーデン南東部ソーデルマンランド(Olof Senestam)
自由な北欧の旅

スウェーデン王国がまるごとAirbnbに掲載 自由に大自然を満喫

 スウェーデンでは自然享受権がすべての人に保証されており、個人が所有する非公開の庭や作物が植えられている耕作地でない限りは、誰でも自然に立ち入り、散歩やサイクリング、キャンプなどをどこでもすることができます。自然は万民のものであると考え方は、すべてのスウェーデン人のDNAに刻み込まれているものの、権利には当然大きな義務も伴います。自然の中で過ごす際には、「傷つけたり、壊したりしない」ことが大原則で、これはあらゆるAirbnbのリスティング(お家)に対しても同じことです。

このキャンペーンは2017年5月22日(※スウェーデン時間)よりスタートします。

Visit Swedenについて

 Visit Swedenはスウェーデンの観光振興とイメージアップのためにさまざまな情報を発信する組織です。スウェーデンの魅力を高め、海外からより多くの観光客にスウェーデンを訪れてもらうことを使命とし、国内の各地方や観光業界に携わる企業や組織と協力関係を結んでいるほか、観光業界以外にもさまざまな組織と連携してマーケティング活動やコミュニケーションキャンペーンを企画し、観光地としてのスウェーデンの知名度や注目度アップを図っています。

Airbnb(エアビーアンドビー)について

 2008年8月、Airbnbは米国カリフォルニア州サンフランシスコで創業しました。旅行先で現地の文化とつながり、ユニークな旅行体験をすることで参加できる世界を創り出すことを使命としています。世界191カ国6万5千以上の都市で、一般住宅を有料宿泊する、いわゆる民泊事業を提携・展開しています。宿泊先はアパートや個人宅、城やツリーハウスにいたるまで、何百万というユニークな部屋へのつなぎ役を果たしています。

(編集・甲斐 天海)