大紀元時報
神韻

パリの作家、古代から現代まで「100パーセントの中国を表す」舞台

2019年01月21日 23時44分

2019年世界ツアーを開始した神韻芸術団は、成功を図る一里塚となるニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバーでの北米公演を成功裏に収めた。欧州ツアーは花の都パリで始まり、中華伝統芸術はパリジャンの心を揺さぶった模様だ。

中国文化を愛する作家ミモザ・クシュリー(Mimoza Kuchly)氏は、5千年文化の復興をモットーにする神韻の舞台からインスピレーションを得たという。

「席を取れて幸運でした。最高の舞台でした」彼女は1月18日、パリのコンベンションセンターで行われた神韻公演を鑑賞した。「ディナーコースのように中国文化のすべてを見せてもらいました」

彼女はこれまで、映画やテレビ番組を通じて60年代までの中国の様子を理解していた。しかし、神韻を鑑賞後は、さらなる文化の深淵さに触れたと述べた。これまで見た中国文化は惑わしのようで、真実ではないと感じたという。

神韻公式サイトによると、中華伝統文化は60年間に及ぶ共産党政権により壊滅的なダメージを受けた。この復興を掲げて、神韻は世界巡回公演を2006年から毎年行っている。

「神韻は100パーセント中国です。平安であり、今日のどこにでも見られるものではありません。古代中国と私たちの人類の歴史、これらは心を清らかにしてくれます」

伝統的な中華文化の礎を築いたのは仏教、道教、儒教だ。この三教を修める人々は仁義礼智信、因果応報、天の時・地の利・人の和、神への畏怖の念をそれぞれ重んじていた。

クシュリー氏はこれらについて「今日の人々が求めるもので、探求しているのではないでしょうか。私たちは魂を持ってこの世に来ており、共通のものがあると感じます。もし世界が続くのならば、この礼節は誰にとっても必要なものです」

(編集・甲斐天海)

関連特集

^