大紀元時報

「普段泣かない私も泣いた」心に響く二胡の演奏も 神韻の舞台

2019年01月23日 20時00分

北米とパリ公演を成功裏に修めてきた、中国伝統の芸術を総合的に演出する神韻芸術団。2月中旬まで日本ツアーを展開する。1月22日オリックス劇場での大阪公演では、往年の女優や演歌歌手が鑑賞し、文化の深みを表す華やかな舞台を堪能した

女優の多喜川美佳さんは、「団員の素晴らしいダンス技能は人ができる能力を超えるほどでは」と驚嘆した様子。昨年から公演が来るのを楽しみにしていたという。

舞台表現について「天上世界はとても美しく、ダンサーたち全員は一つの舞台を流れるように形づくっていて、感心しました」「エネルギーに満ちており、若返ったかのように感じます」

建築資材を取り扱う会社社長の佐藤武司氏は「普段は泣かないが、舞台を見て涙が出た」と述べた。「神韻はどのような言葉でもいい表すことができないものがある。観衆の心の奥深くに呼びかけている」と話した。

佐藤氏はかねてから中国文化や歴史、楽器には関心があり、神韻の舞台では特に二胡の叙情的なメロディに感動したという。「演出には目を見張るもので、飽きることはない」と述べた。「オーケストラの演奏とデジタルスクリーンの調和も素晴らしい」と語った。

演歌歌手の原みどりさんは、最初に舞台の色彩の豊かさに驚いたという。「これはまさに奥深い中国文化ではないでしょうか、神韻は本質を示しています」と述べた。

五千年の伝統文化復興を掲げる神韻芸術団。日本ツアーは1月16日から2月5日まで。京都、大阪、八王子、東京、埼玉、福岡で公演を行う。神韻芸術団について詳しい情報やチケット購入については、ja.shenyun.comの公式サイトへ。

(編集・甲斐天海)

関連キーワード

関連特集

^