大紀元時報

深く考えさせられる神話 信じるか否かはあなた次第

2019年02月20日 17時32分

大昔、地蔵菩薩は世の中に下りて来て、その時の人々がほとんどすべて仏陀を信じないことに気づきました。それを見た菩薩は、仏陀を信じる人をたとえ一人でも見つけて、救い済度しようと決めました。

そして、地蔵菩薩は自らの姿を乞食に変えて、村を回り一軒ごとに食べ物を請い求めました。しかし、1口のご飯さえくれる人はいなくて、更に仏陀を供える1つの家族もいませんでした。彼は村の入り口に着いた時、1人のおばあさんが仏陀に線香を立てているのを見つけ、前に行って乞食をしました。

おばあさんは困って、「この1碗のご飯しかないから、あなたに半分をあげて、後の半分はまだ仏陀に供え物をしなければならない。」と言われました。地蔵菩薩は、おばあさんが仏陀に対してこのように敬虔で、心が優しいことをみてとり、別れる前、一対の石獅子を指しながら彼女に、「もし、いつかこの石獅子の目が赤くなったのが見えたら、洪水が来るので、早く山の上へ逃げてください。きっとあなたの安全は守られます」と言いました。

善良な老人はすぐこの情報を村の人達に伝えましたが、結局彼女の話を信じる人は1人もいませんでした。それだけでなく、あざ笑い、ののしり、迷信だとし、この石の獅子の目がどうやって赤くなる?ありえない?おばあさんは気狂いだと言いましたが、おばあさんは気にせず、ずっと村の人達にこれがうそではないことを信じてほしいと願っていました。

おばあさんはその乞食の話をしっかり覚えていて、毎日その石獅子の目を見に行きました。ある日、村の何人かのいたずらものが、「おばあさんをからかってやろう。赤い色で石獅子の目を赤く染めよう」と言いました。おばあさんは石獅子の目が本当に赤くなったことを見て、急いで村の人達に向って大きく叫びました。

しかし、村の人達はおばあさんを見て、腰をかがめて、息が切れるほど笑いました。おばあさんはどうしようもなく一人で山へ走って行きました。山の上に着いて振り返って見ると、村全体が洪水に埋没し、村人の大笑いはもう聞こえませんでした。

(明慧ネットより)

 おすすめ関連記事:中国神話の登場人物:四面の顔を持つ黄帝

関連キーワード
^