GettyImages
忍をもって一歩退く

意地の悪い姑に気に入られる 古人のコツ

張晋は明の時代の人で、富貴な家の娘である劉さんを嫁に貰った。張晋の母親は、非常に専横で底意地の悪い人だったので、張家の上三人の息子の嫁はみなこれに我慢できず家を出て行った。ところが、四男の嫁として嫁いできた劉さんは、あにはからんや、この底意地の悪いにとても気に入られた。

多くの人がこれをいぶかしがった。なぜが劉さんを受け入れたのだろうか?劉さんに尋ねたところ、次のような答えが返ってきた。「『従順』の二文字に尽きます。の説教と指示には全て従います。たとえ、礼儀に合わないことや女性がすべきではないことであっても、がするように言ったなら、その場で断ることはせず、後で機会を見つけて懇ろにに事の是非を説明するようにしました。説明するとき、冷静に落ち着いて穏やかであれば、往々にして、は私の話を聞いてくれました」。

劉さんがこのようにしてに三年仕えるうちに、はなんと慈愛深くなった。その後張家では、たて続けに三人の息子が嫁を貰ったが、それ以来、による嫁いびりは起こらなくなったのである。

人と人の間では、私にひどいことをすれば、私もあなたにひどいことをしてやる、ということが行われる。悪をもって悪を制し、恨みをもって恨みを制し、お互いに傷つけあうのだが、それではトラブルをいっそう深刻なものとし、怨恨を生むだけで、なんら根本的な解決には至らない。トラブルに遭遇したら、相手が正しいか否かにかかわらず、まず自分から先に進んで一歩退く。

その後、気を落ち着けて、温和で良な心で問題をきちんと説明する。「の心」と「のことば」の前では、どんなに道理をわきまえない人であっても、それ以上ひどい態度に出ることはないし、どんなに大きな矛盾も融けて和解できるものである。「」と「」の力がどんなに大きいかということを忘れてはならない。

(編集・望月 凛)

 おすすめ関連記事:天が決めた 母の再婚