大紀元時報

名医が施した奇跡の医術

2019年04月23日 14時58分

 『史記』の「扁鵲列伝」の中にこのような物語があります。扁鵲は若い頃にある官舎の舎長でした。賓客の長桑君はよくその官舎に立ち寄っていました。毎度、扁鵲は長桑君に対して丁重に待遇していました。長桑君は主に道徳や品行の面で、扁鵲に高く評価していました。

 2人が知り合って十数年余りが経ったある日のこと。長桑君は扁鵲を呼んで2人だけで対坐し、「私は秘法の医術を心得ているが、年老いたのであなたに秘法の医術を伝えたいと思う。他言しないように」と密かに言いました。扁鵲は「謹んでお言葉に従います」と答えました。

 そしてある日、長桑君は懐中の薬を取り出して扁鵲に与え、「これを雨露(あまつゆ)で飲み、30日経つと不思議な現象を見ることが出来るようになるであろう」と言って、秘法の医術書をすべて扁鵲に手渡しました。その全てを扁鵲に与えると長桑君の姿が突然、消えました。

 長桑君の言葉に従い、扁鵲は雨露で薬を飲んだところ、30日経つと塀をへだてた向こう側の人の様子を伺い見ることができました。その目で病人を診ると、見ただけで五臓のしこりが全て分かり、病原の所在までも突き止めることが出来るようになりました。しかし、扁鵲はともかくも世の人には、脈を診て病状がわかると言うことにしておきました。

 扁鵲はこうして医者になって、斉あるいは趙に住み、趙に居た頃に扁鵲と呼ばれるようになりました。

王を蘇らせる

 司馬遷の『史記』の「扁鵲倉公列伝」で、扁鵲が虢(かく)という国に立ち寄ったとき、国中が葬儀のようでした。宮殿の医術を好む中庶子(ちゅうしょし)の役人に尋ねると、「太子がお亡くなりになってからまだ半日も経っておらず、納棺もまだです」と答えました。それを聞いた扁鵲は「太子は仮死状態なので、今ならまだ間に合い、私に治せます」と告げたのですが、中庶子は扁鵲の言葉を信じませんでした。

 「先生は私をたぶらかそうとしているのでしょうか。何を根拠に太子さまが生き返るとおっしゃるのですか。上古の名医・兪跗(ゆふ、伝説上の名医)ならばできもしましょうが、そうでもない限り無理だということは、幼い子供にでもわかりますよ」と中庶子は反論しました。

 「あなたの医術は、細い管で天を見たり、狭い隙間から中の有り様を見たりするようなものです。私の医術は、脈を診たり、体表の色を見 たり、体音を聴いたり、体を調べたりするまでもなく、病根のありかがわかるのです。外部の様子から内部の様子が推察できますし、内部の様子から外部の様子が説明できます。信じられなければ、私を太子さまの所に連れて行き、太子さまが耳や鼻がまだ動いていて、足の根にまで温かいことを試させてみてください」と扁鵲が話しました。扁鵲は太子さまにまだ会ってはいませんが、その様子が手に取るようにわかるということは、「遠隔透視功能」を持っているということの証(あかし)です。

 中庶子は扁鵲の言うことを聞いて、すぐ国王に報告しました。それでさっそく、扁鵲は国王に迎え入れられました。国王は扁鵲に「先生は高尚な高い徳を持っておられ、高名な方であると耳にしていましたが、これまでにお会いしたことがありません」と話しかけました。扁鵲は国王に「太子さまは逆上したために死んだかのように見える、尸蹶(しけつ)という病気にかかり、仮死状態になっておられるだけです。陽気が下って陰気の中に入ってそれが胃を動かし、経脈や絡脈にまつわり、わかれて三焦(さんしょう)の下焦である膀胱にくだります。それゆえ陽脈は下にくだり、陰脈は上に向かって争い、八会の気がふさがれて通ぜず、陰陽の調和がくずれて顔色がなくなり脈が乱れました。そのために身体が動かなくなり、死んだようになるのです」と進言しました。

 扁鵲は弟子の子陽に鍼(はり)を用意させ、三陽五会に鍼をしました。すると太子さまは息を吹き返したのです。また貼り薬も作り両脇の下に貼らせたところ、太子は起きあがって座りました。さらに、陰陽の気をつり合わせ、湯液を服すること20日でもとのように快復しました。このことによって、死者を生き返させる名医として有名になりましたが、扁鵲いわく「私は死人を生き返らせたのではなく、ただ、生きている者を起しただけです」と申し上げました。

 扁鵲は超常的な功能を持って人体を透視できますが、とても謙虚で、物事の真実を見抜け、仮死状態の人を健康回復させただけだと言って、「天道にそむくことはできません」と直言しました。

(明慧ネットより)

関連キーワード
^