大紀元時報

ケアレスミスとさようなら! 子供のテストのうっかりをなくす方法

2019年05月30日 13時47分
(Photo credit should read FREDERICK FLORIN/AFP/Getty Images)
(Photo credit should read FREDERICK FLORIN/AFP/Getty Images)

落ち着いてやれば解けるとわかっているだけに、我が子のテストのケアレスミスにはやきもきさせられてしまいますね。

「あと数点」が簡単に手に入るようになるケアレスミスのなくし方をご紹介しましょう。

お子さんのミスを分析する

まずはお子さんのミスの原因や傾向を確認してみてください。

ケアレスミスの原因は4つに分類できます。

1.落ち着いて考えればわかる「単純ミス」
2.問題文の読み間違いや読み飛ばしによる「勘違い」
3.記号や単位の書き忘れなどの「うっかり」
4.解答欄がずれるなど「問題に関係のない失敗」

とくに多いミスのパターンから重点的に、お子さん自身へ指摘してあげましょう。
それをふまえて似た形式の問題の数をこなすことで、同じミスを繰り返さないよう練習することができます。

見直しの習慣をつける

テストが一通り終わったあと、お子さんは見直しができているでしょうか。
もし見直しの習慣が付いていないのであれば、それは見直しのしかたがわかっていないのかもしれません。

見直しがしやすいのは、テストの序盤の簡単な計算問題や漢字、英単語など、単純な単発問題です。
それだけでももう一度解いてみるよう指導しましょう。

それでも時間が余る、とお子さんが言うのであれば、単位の確認や、文章での回答に誤字がないか目を通すなど、見直し個所を具体的に教えます。

「見直ししなさい」と大雑把に指摘するのでは子供に要領が伝わりません。
ほんの数分、数秒で、どんなミスをなくすことができるのかを説明してあげましょう。

一番簡単なミス防止策

最後にご紹介するのは、ケアレスミスを失くすためにもっとも効果的な方法です。

字を大きく書くよう、お子さんに教えてあげましょう。

解答欄の狭さに気を取られて字を小さく書いてしまえば、ただでさえ読みにくい子供の字ですから、読み取ることができなくなってしまうことも少なくありません。
テスト用紙の隙間をどのように活用すればミスが減るか、お子さんと話合い工夫をしてみてください。

まとめ

ケアレスミスをなくすのは大人にとっても難しいことです。
しかし努力次第で減らすことができるとも、我々大人は知っています。

最後に必要になるのは、あと数点を諦めないお子さんの気持ちひとつです。
ミスが減ったらたくさん褒めてあげてくださいね。

大紀元ウェブ編集部

関連キーワード
^