大紀元時報

成功のひけつ 「絶対にあきらめない」

2019年06月22日 07時56分
(イメージ / Pixabay CC0 1.0)
(イメージ / Pixabay CC0 1.0)

ある日、ある人は自分の人生をあきらめようと決めた。そこで、森に行って神様と最後の会話をすることにした。

「神様、私にあきらめさせない理由をひとつくれませんか」とその人はたずねた。

すると神様は「山ワラビと竹を見て回りなさい。私は山ワラビと竹の種をまき、それらに光と水を与えた。山ワラビは、すぐに地面から生え、緑の葉が茂り地面を覆った。しかし、竹は全く生えなかった。翌年、山ワラビはさらにこんもりとした。しかし竹の種からはまだ何も生えていなかった。2年が過ぎたが、竹の種はまだ芽を出さなかった。5年目になると、小さな芽が地面に現れた。山ワラビに比べれば、取るに足らないものだった。しかし、わずか6ヶ月後、竹は高さ30メートルにもなった。竹は根を伸ばすのに5年の歳月をかけた。そして竹の根は竹が成長するのに欠かせない存在となった」と話した。

神様は、その人にさらに言った。「子供よ、お前がここで苦しんでいるのは、自分の根を育てているからだ。他人と比較せずに我慢していけば、いつかはあなたが成功する日が訪れるでしょう」

(翻訳・柳生和樹)※看中国より転載

関連キーワード
^