大紀元時報

癌の痛みを緩和する音楽の力 効果的な聞き方は

2019年06月30日 16時40分
(Berna Namoglu/Shutterstock)
(Berna Namoglu/Shutterstock)

音楽を聴くことで癌の痛みを緩和することができるとういのです。疲れや食徳不振、集中力の欠如などの症状にも効果的だということが台湾の研究で分かりました。

その研究によると、乳癌の患者が一週間に5回30分の音楽を聴くと24週間にも渡り副作用が大幅に軽減されたというのです。
音楽の力で身体的にも精神的も安定し、癌についてのネガティブな考えから遠ざけてくれるのです。

「音楽療法はとても効果的です。家でも簡単にできます。経費もほとんどかかりません。医療は今、高額になってきていますから」と台北の大学教授が話してくれました。

研究者たちは60名の乳癌の患者をランダムに選び、半分の患者に自宅でクラシックやポップス、伝統音楽など研究チームが音楽を聴いてもらうことにしました。そしてもう一方のグループには環境音楽や環境音などのような研究でも結果が出ている痛みを和らげる音楽を聴いてもらいました。聞く頻度は両チームが同じにしています。

ある女性患者が手術を受ける前と術後6、12、24週間にわたり、音楽を聴き続けました。すると患者全員が、症状が緩和したという結果が出たのです。また24週間音楽を聴き続けた患者たちが一番効果が高かったのです。

ただし、6週間までは症状の改善がどんどん改善されますが、それ以上長い期間音楽を聴き続けてもある一定レベル以上に症状が緩和されることはありませんでした。

その反対に、決められた音楽を聴いていたグループは、最初の段階よりも症状が悪化しました。

この結果から、音楽療法は長期的な症状にはあまり効果がないということが分かりました。

また研究者たちは、音楽が症状を緩和する理由とその原理に興味を持ちました。音楽を聴くとエンドルフィン、ドーパミン、セロトニンが脳内で生成され、嬉しい気持ちやポジティブな考え方になると研究で分かりました。

音楽は心臓の血管、呼吸器系の器官、筋肉、骨格、神経、代謝などの機能に影響を及ぼし、筋肉を和らげ痛みを緩和するというのです。

「神経生理学の観点から見ると、音楽から呼び起こされた喜びなどの感情は脳内の様々な活動を調整します」とブラジルの医師は話してくれました。

また、音楽は自律神経の感情部分を司るということもあるため、音楽療法は癌患者に素晴らしいメリットがあります。ストレスや恐怖、孤独などマイナスの感情をうまくコントロールするとてもよいツールなのです。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連キーワード
^