大紀元時報

2015年ネパール大地震 瓦礫から22時間後に救出された赤ちゃんを覚えていますか?

2019年08月02日 11時19分
Getty Images , David Ramos
Getty Images , David Ramos

2015年に地震がネパールを襲った後、1人の赤ちゃんが自宅の瓦礫の下に埋められました。 名前をソニッシュといいます。彼の物語は荒廃と悲劇の中での希望の1つでした。赤ちゃんは瓦礫に埋まってから22時間後に救出されました。現在4歳になったソニッシュは好奇心旺盛な男の子です。

彼は父親のシャムと母親のラスミラ、そして姉のソニアと暮らしています。父親はトラックの運転手として働いており、1か月にわずか6,000ルピー(750円)の収入です。テレビ、冷蔵庫、エアコンのある2ベッドルームの家を所有していた家族には、現在は家を建てる余裕がなく、避難所の一室で暮らしています。

地震が起きた時、姉のソニアが幼い弟を子守りしている間、母親のラスミラは市場にいました。地震が襲った瞬間に、彼女はまだ中にいる子供達を探そうと必死に家まで走りました。

隣人たちの心温かい助けにより、わずか2時間後に姉のソニアを発見しました。しかし息子のソニッシュは瓦礫の中に埋まったままでした。その22時間の間に感じた途方も無い感情を、ラスミラはこう述べています。

「赤ちゃんの泣き声が聞こえなかったので、彼はおそらく死んでいると人々は言いましたが、それでも私は彼らに捜索するように必死に頼みました。もし息子が死んでいたとしても、せめて見つけてあげたいと言いました。それから人々は息子のために瓦礫を再び掘り始めました。私は寝ることもせず、食べることも飲むこともせず、ひたすら泣きながらソニッシュのために祈りました。」

大地震の荒廃の中で、ソニッシュの物語は生存への希望の1つでした。人々は壊滅的な余波や再建における多くの課題に直面していますが、その希望は今日もネパールで生きています。新しい建物の需要を満たすため、レンガ工場は日々稼働しており、多くの子供たちは学校に行かずにそこで働くことを強いられています。

ほこりまみれで瓦礫に埋まったソニッシュを写真に納めた写真家アムル・サパは、ネパールタイムズに次のように語っています。「私の写真はソニッシュと私を世界的に有名にしました。それは単なる一枚ではなく、希望と生存を象徴していました。」

おそらく、この小さな男の子の物語は、困難の中で生きる家族に希望を与えます。 彼は確かに希望の象徴であり、成長し、とても活発な子になりました。 ソニッシュ、彼の家族、そして彼らの国に幸運が訪れることを祈ります。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連キーワード
^