大紀元時報

天国のおばあちゃんが残した、孫への秘密のプレゼント

2019年08月19日 14時07分
(YouTube Screenshot | The Ingham Family)
(YouTube Screenshot | The Ingham Family)

ウエストヨークシャー、リーズ出身のイギリス人姉妹サラとカトリーナは、不運にも、耐え難いシナリオに直面しました。カトリーナは出産予定ですが、姉妹は母ジョアンが孫に会うことができないであろうことと知らされました。ジョアンは末期肺がんを患ってしまったからです。しかし、姉妹が希望を捨てることはありませんでした。

そして、彼女たちは愛する母が孫の誕生に関われるよう、ある方法を考えました。

 

運命の日が来ると、カトリーナとパートナーのダニーは愛らしい男の子を迎え、サラは家族のこの上ない喜びをビデオに収め、YouTubeで世界中に共有しました。

「母が末期肺がんと診断された時、数か月前に妹が妊娠していることを知り、信じられない決断をしました」とサラは語ります。

Photo courtesy of The Ingham Family

「生まれる赤ちゃんにとって母が大切な存在であり続け、決して会うことがなくても重要な役割を果たすことを望みました」とサラは続けます。「母に赤ちゃんの名前を決めてもらい、彼女が亡くなる前に私にだけ伝えると妹は決めました 」

カトリーナ夫婦は、出産日まで赤ちゃんの名前を秘密にしておきたいと思っていました。そうすれば、「ジョアンおばあちゃん」の存在を強く感じることができるからです。

Photo courtesy of The Ingham Family

そして、小さな男の子は、母の思い出のものと写真がいっぱいに置かれた分娩室で家族に守られながら、無事に生まれました。

サラは2人のために、赤ちゃんの名前をベビーウェアの背中側に印刷しておくという、サプライズを用意していました。しかし、それだけではありません。

カトリーナ夫婦がプレゼントを開けると、はっと息を飲みました。カトリーナの亡くなった母親から、「天国のジョアンおばあちゃんより」というメッセージがベビーウェアに書いてありました。

そして、ベビーウェアを見て、カトリーナの母親が赤ちゃんのために選んだ名前を知りました。母が名前を決めて6ヶ月、ついに2人は「ハリソン」という名前を見たのでした。

ITV Newsでサラは、分娩室に母の写真と私物がたくさん置かれていることに関して「母を近くに感じました」と語っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#myboy

Katrina Dixon さん(@katrinadixon86)がシェアした投稿 -

ハフィントンポストによると、ビデオがオンラインで共有された後、世界中からメッセージ、サポート、励ましが殺到しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

My family #loadsofLove

Katrina Dixon さん(@katrinadixon86)がシェアした投稿 -

「これは名付けのもっとも美しい形だ」「お母さんは2人の娘をとても誇りに思うでしょう。彼女は家族を永遠に見守っています!」などのコメントが寄せられています。

名付けは素晴らしい贈り物です。ジョアンおばあちゃんへの敬意をここに表します。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連キーワード
^