ブルーベリーは「スーパーフード」がん予防から心臓の保護まで

「ブルーベリーにはアントシアニン、ビタミンC、食物繊維などの栄養素が含まれており、なかでも、強力な抗酸化栄養素であるアントシアニンが最も際立っている
2022/03/22

皮膚から考える全身の健康「美容から、がん予防まで」

皮膚に現れたいくつかの小さな変化は、体内の大きな病気を反映している場合があります。この異変に早く気づかないと、あとで重篤な症状が現れた時には遅すぎるということにもなりかねません
2022/03/18

末期がんの青年が貯金を寄付「つなぎたい命のバトン」

末期がんで余命わずか数カ月と宣告された青年が、自身が貯めた1000ポンド(約15万6400円)を、一度も会ったことのない、がんと闘っている6歳の男の子のために寄付し、話題となっている
2022/03/18

柿は優れた健康フルーツ「がん抑制や脳出血の予防にも」

国果という言葉がある。「その国を象徴的に代表するフルーツ」という意味で、公式あるいは非公式を問わず広く親しまれ、知られている果物のこと。皆様の「日本の国果」は何かご存知ですか
2022/03/11

「心のもち方」が命を救う

多くの人は、感情の健康への影響を軽く見ているのではないだろうか。その理由の一つは、私たちが物質面から病気を見ることに慣れすぎているからで、もう一つの理由は、ほとんどの人が、感情が病気を引き起こす事実を信じていないことだ
2022/03/09

がん療養中に「高カロリー食」を摂る理由

がん治療中の患者は、第一に、エネルギー源となる十分なカロリーを摂取しなければなりません。これは食事の量と内容の両面において求められる条件です。次に、良質なタンパク質を十分に摂ります
2022/03/06

ヘーゼルナッツの嬉しい効能「血糖おさえて抗酸化も」

ヘーゼルナッツは、ナッツ類のなかでも抗酸化力の最も優れたものの一つで不飽和脂肪酸の含有量が、ナッツ類の中ではクルミに次いで2番目にい。この記事ではヘーゼルナッツがもつ「5つの効能」を紹介する
2022/02/22

医食同源:漢方からみた「日本の玄米食とぬか漬け」

漢字の「糠」をよく見ると米偏に「康」。つまり、米穀のもつ健康的な栄養素がこの糠に凝縮されていることが分かります。日本には、この糠を発酵させて野菜を漬ける「ぬか漬け」があり、最も健康的な食物の一つとされています。
2022/02/11

ナッツは健康の源「いろいろな種類を食べましょう」

ピスタチオ、ヒマワリの種、ピーナッツ、カシューナッツ、クルミなど、お馴染みのナッツにはいろいろな種類があります。毎日適量のナッツ類を食べることは、皆さんの健康維持のために、ぜひお薦めしたい食習慣です。
2022/02/11

「7つの効能をもつ野菜」ブロッコリーを食べましょう!

アブラナ科の野菜は総じて健康効果が高いと言われていますが、そのなかでもブロッコリーは突出しています。特に食物繊維やビタミンCが非常に豊富ですので、これらの栄養素が不足しがちな人には最適な野菜です
2022/02/06

「熱いココアを一杯どうぞ」風邪の予防にも役立ちます

まだまだ寒い季節。ふと「温かいココアが飲みたいなあ」と思いませんか。日本のある研究によると、「1日1杯のホットココアが、インフルエンザを予防し、健康維持に役立つ可能性がある」と言います。
2022/02/04

「白血病という病」に向き合うために

「白血病」という病気があります。 半世紀前であれば、この病名には、当時の医療で完治がかなう希望的な響きはなく、むしろ「不治の病」として、小説や映画における主人公の「残された人生の時間」が描かれる題材にもされていました
2022/01/30

長寿と美容への新たなアプローチ「体温を1度上げましょう」

なぜ体温が低いと体に良くないのか。体が冷えることは、血液の温度が下がるのと同じ。血液の温度が下がると、血液の循環にも変化し、血液の流れが悪くなる。この記事では「体温を1度上げる」ユニークな方法を紹介する
2022/01/20

「がん抑制効果のある日常の食物」お薦めはナッツ類

毎日適量のナッツ類や種子類を食べることは、健康維持に効果があると言われています。なかでも注目されているのは、こうしたナッツや種子を食べることが、発がん抑制や、がん患者の死亡リスク低下の可能性を示唆していることです。
2022/01/18

がんや脳卒中のリスク増大「今日から、歯周病を予防しましょう」

歯周病は慢性病の一つです。歯の脱落を招くだけではなく、心臓病、認知症、がんなどの多種の慢性病と高度に関連すると考えられます。2つの方法でプラークを抑制することにより、歯周病のリスクを効果的に減らすことができます。
2021/12/15

「タマネギって、こんなにスゴイ」抗酸化物質の宝庫ですよ

タマネギは洋の東西を問わず、料理に欠かせない食材です。タマネギには抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれており、免疫力の向上、心臓血管の保護、がん予防など各種の利点があります。
2021/12/07

「僕は必ず歩く」自力で立ち上がった白血病の少年

幸せあふれる一家に突然の不幸が襲った。6人いる兄弟姉妹の4番目、15歳の男の子であるエダン・ホッグが急性骨髄性白血病(AML)と診断された。家族は…
2021/11/27

抗老化だけではない「ビタミンEがもつ4つの効能」

ビタミンEのもつ利点は、私たちの想像を超えているかもない。ビタミンEにはフリーラジカルを死滅させる力があり、細胞への攻撃を減らし、がん細胞ができる確率を低下させる
2021/11/26

あなたの肝臓を守る「7種の食物」で脂肪肝を避ける

不健康な飲食をすると、その負担は全てあなたの肝臓に来る。 あなたの肝臓は、いつの間にか脂肪肝になっているかも知れず、放っておくと肝硬変や肝臓がんになることも!あなたの肝臓を健康な状態に戻すには?
2021/11/20

カレー粉は「奇跡のスパイス」その健康効果に注目!

明治時代に英国から日本へ伝わったカレーライスは、「日本の国民食」の1つと呼ばれるほど親しまれています。 インド人や日本人は、カレー粉を使った料理を好んで食べます。
2021/11/19

漢方医おすすめ「簡単に作れるニンニク油」で老化防止

洋の東西を問わず、昔からニンニクは食用と薬用の両面で、重要な役割を果たしています。栄養面においてニンニクを食べるメリットは多いのですが、生ニンニクの刺激性は実際気になります。
2021/11/17

「中国系製鋼所から赤いほこり」セルビアの町でがん発症率が急上昇=報道 

セルビア中部に位置するラディナック(Radinac)村の住民は、5年前に中国企業が地元の製鋼所を買収した後、がんの発症率が急速に上昇した。工場から出る大量の赤いほこりが原因だとみられる。
2021/11/10

栄養士・高敏敏おすすめ「炒めて食べると体に良いもの」15種

新鮮なサラダにするとおいしい食べ物も、もちろんあります。しかし一方、脂溶性ビタミンが含まれているため、油を適量加えて炒めたほうが消化吸収に優れ、体に良いものもあります
2021/11/06

「抜け毛、白髪、どちらも防ぎたい」その原因と改善方法はこれ

どうして抜け毛が多くなったり、白髪になったり、髪が乾燥して黄ばむように痛む人がいるのでしょうか。
2021/11/06

新研究:中年期以降も「基礎代謝率は落ちない」

長い間、人の新陳代謝は成人期以降、加齢とともに次第に弱まるものと考えられ、新陳代謝の速度の緩和により、体重も年齢とともに増加すると考えられてきたが、最新の研究成果は、こうした従来の認識を覆す可能性がある。
2021/11/06

がんの疲れを癒す2つの簡単なエクササイズ

がん患者さんの中には、がん治療の痛みや疲労が蓄積し、長い間寝たきりになってしまう方が少なくありません。しかし、体を動かすことは健康にとても重要です。
2021/11/04

現代人の食習慣を考える「飢餓感がまねく高血糖と肥満」

もはや、肥満が「世界最大の慢性疾患」になっている、と言ってもいいのかもしれません。
2021/11/02

「慢性炎症は健康の大敵」抗炎症食8つのポイント

慢性炎症とは、さまざまな原因によって体の組織が損傷を受け、その部位の回復が長引いたため、痛みや発熱が「激しくはないが継続している状態」を指します。
2021/11/01

「うま味調味料」はガンの原因になりますか?

調理に広く使われる「うま味調味料」、あるいはソーセージ、ベーコンなどの加工肉製品は、「がんを引き起こす可能性がある」とされるブラックリストに掲載されています。 しかし実際には、それほどではないかもしれません。
2021/10/28

「早期発見ができる大腸がん」内視鏡検査の大切さ

国際がん研究機関(IARC)が発表した2020年の世界最新の「がんデータ」によると、症例数の多い上位10位の各種がんのうち、大腸がんが3位に入っていました。 大腸がんは、発生率は高い種類のがんですが、中年期以降に大腸内
2021/10/22