「タマネギって、こんなにスゴイ」抗酸化物質の宝庫ですよ

コメント

タマネギは洋の東西を問わず、料理に欠かせない食材です。
タマネギには抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれており、免疫力の向上、心臓血管の保護、がん予防など各種の利点があります。
 

タマネギがもつ「驚きの健康効果」
 

スライスしたタマネギでつくったオニオンスープは、体を温め、風邪を予防することができます。また酢タマネギにすると、高血圧、高血糖、高血中脂肪の「3高」を下げることができるなど、多くの利点があります。
 

表皮の色から紫と黄色の2種類があり、ほかに色の薄い白タマネギもありますが、いずれのタマネギも強力な抗酸化野菜です。多くの料理に活用されますが、調理するとき目や鼻に刺激があり、涙を誘うのは困りものです。
 

栄養士の夏子雯氏によると、「タマネギの刺激臭は、その有機硫化物から来ています。硫化物の中のアリシンには抗菌作用があり、胃酸分泌を刺激するだけでなく、免疫力の向上、フリーラジカルの減少、発がん物質の抑制など各種の効能がある」と言います。
 

また、タマネギの特徴的な成分であるクェルセチンはフラボノイド化合物に属し、強い抗酸化力とともに抗菌効果を発揮します。また血管の弾性を保つはたらきもあり、心臓血管の保護に有益です。
 

米コーネル大学の研究によると、辛みの強い玉ねぎほどフラボノイドが多いことが分かりました。同研究では、「タマネギは人類の飲食における最も豊富なフラボノイド源の一つである。抗がん作用を有するだけでなく、抗菌、抗ウイルス、抗アレルギーなど抗炎症の効果もある」と示しました。
 

辛味の強い紫タマネギや黄タマネギは、まろやかな味の白タマネギに比べて抗酸化効果が高いとされています。
 

タマネギはまた、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCなどのほか、カリウム、鉄、カルシウム、亜鉛、セレンなどのミネラル物質を含んでおり、すべて健康に有益な抗酸化栄養素です。
 

有機硫化物などの抗酸化成分は、加熱調理する際に流失します。スライスしての生食ならば比較的完全な栄養を摂ることができますが、辛味がやや強いため、胃腸が弱っている人が多く食べると胃が痛くなりやすいので注意してください。もちろん調理されたタマネギにも若干の硫化物は残っており、その効能が消えるわけではありません。

 

Shutterstock

風邪を引いたときの定番:焦がしオニオンのスープ
 

タマネギは、風邪を引いて食欲がない時に食べるのに適しています。軟らかく煮込んだ温かいオニオンスープを飲むと、風邪の症状が和らぎ、体力の回復を早めます。
 

オニオンスープには、カットしたトーストを浮かべます。トーストは単純な炭水化物なので、食欲が減退した風邪の時も、スープと一緒にトーストを食べれば消化吸収もよく、カロリーを補給できます。
 

材料は、タマネギ2個、植物油少々、小麦粉大さじ1杯、スープ200cc、水400cc、黒コショウ少々、塩少々、食パン1枚。
作り方は、以下の通りです。
1、食パンを大き目のダイス状に切ってから、トースターで香ばしく焼く。
2、細切りにしたタマネギを、少量の植物油を入れて熱したフライパンで炒める。
3、カラメル色になったら小麦粉を加え、さらに炒める。
4、スープと水を加え、弱火で20分煮込む。黒コショウと塩で味を整え、碗に注ぐ。トーストを浮かべて完成。

 

Shutterstock

「3高」の改善にも有効:酢タマネギ
 

酢とタマネギを使った料理はネット上でよく見かけます。「酢、タマネギ、ハチミツ」を一緒に漬け込んでから食べると、「3高を下げ、ダイエットに役立つ」と言われています。
 

しかし、夏子雯氏は、「酢やタマネギは良い食材だが、ハチミツを入れると効果が落ちる」と指摘します。ハチミツは辛さを調整することができますが、やはり糖分であるため、ダイエットや血糖値を下げる効果を抑制してしまうからです。
 

理想的な「酢タマネギ」の組み合わせは、紫タマネギと天然由来の無糖酢(例えば無糖リンゴ酢)で、この2つだけで作ります。タマネギの抗酸化成分はお酢に溶け出しますので、お酢もタマネギも料理に活用して食べましょう。
 

タマネギには、血圧を低下させるカリウムと、血管を拡張して血管抵抗を減少させるプロスタグランジンA、および脂質を低下させ、血糖値の変動を安定させるとともに、排便を促す食物繊維が含まれています。
 

ここで紫タマネギを選んだのは、抗酸化栄養素であるアントシアニンに加え、身に歯ごたえがあってシャキシャキしているからです。
 

高血圧、高血糖、高血中脂肪である「3高」を改善するために「酢タマネギを食べればいい」という意味ではなく、もちろん食生活全体の改善や適度な運動も必要です。
 

肥満防止のため、過食も控えてください。その上で、タマネギを十分に活用することにより、良い健康効果が得られるはずです。
 

購入してきたタマネギは、冷蔵庫へ入れなくても、風通しの良い冷暗所で保存できます。とくに辛味を出す有機硫化物は天然保存剤であるため、辛味の強い黄タマネギは、甘い白タマネギよりも長く保存できます。
 

(文・蘇冠米/翻訳編集・鳥飼聡)