ブルーベリーは「スーパーフード」がん予防から心臓の保護まで

「ブルーベリーにはアントシアニン、ビタミンC、食物繊維などの栄養素が含まれており、なかでも、強力な抗酸化栄養素であるアントシアニンが最も際立っている
2022/03/22

ナスは意外と優等生「あなたの動脈硬化を防ぎます」

栄養士の李佳蕙氏によると、ナスは「長寿野菜」とも呼ばれます。水分量が多いことで満腹感をもたらし、豊富な食物繊維は胃腸の働きを活発にするほか、多くの心血管を保護する栄養素を含んでいると言います。
2022/03/15

MIND食で脳の老化を防止「10種の食物が認知力を保ちます」

MIND(マインド)食という食事療法があります。林志豪医師は、「MIND食を摂取した高齢者の脳は、同年齢の他の患者より7.5歳若かった」として、MIND食に一定の健康効果およびアンチエイジング効果があるとしました。
2022/01/21

若さを保つ神秘の栄養素「ポリフェノールは毎日摂りましょう」

あなたの若さを保つ「神秘の栄養素」。それは強い抗酸化力があるポリフェノールです。毎日の食事のなかで、ポリフェノールを摂取する方法を3つ、ご紹介しましょう
2021/12/10

「タマネギって、こんなにスゴイ」抗酸化物質の宝庫ですよ

タマネギは洋の東西を問わず、料理に欠かせない食材です。タマネギには抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれており、免疫力の向上、心臓血管の保護、がん予防など各種の利点があります。
2021/12/07

抗酸化と老化防止のフルーツ「ブドウは皮も種も食べられます」

「ブドウの種を食べると盲腸になる」。そんな俗説を、昭和のころに子供時代を経験した人ならば、必ず一度は聞いたことがあるはずです。 もちろん、これは全く根拠のない迷信です。ブドウの種で盲腸炎になることはありません
2021/11/12

「目を護る10種の栄養」これで眼病を防ぎます

白内障、加齢黄斑変性、緑内障など、従来は中年以降の高齢者に多いとされていた眼疾患も、近年は若年化傾向にあります。そうした眼病を予防するため、天然食品のなかにある「目を保護する栄養素」と、その食材を10種ご紹介します。
2021/11/11

炊いて楽しく、食べて健康「黒米って、いいかも?」

黒米(くろまい)と呼ばれるお米が、日本でも購入できます。 日本では、同じ種類の米を紫米(むらさきまい)と呼ぶこともありますが、後述するように、黒米と紫米は別種としてお考えください。
2021/10/20

【おうちカフェ】目の疲労をやわらげるブルーベリー

長時間のパソコン作業や手先の細かな作業をすることでで目に負担をかけていませんか? ブルーべリーの注目成分はやはり「アントシアニン」です。
2021/03/12