更年期のケアに役立つ 4種類の食物成分とホットフラッシュ対策

多くの女性が悩む更年期。その辛い時期を少しでも楽にするために、腰痛、肥満、火照り、不眠、頻尿といった五つの症状に焦点を当て、改善方法をご紹介します。この記事を読んで、更年期をうまく乗り切るためのヒントを見つけて みてはいかがでしょうか?
2024/07/09 胡乃文

医師が語るがん緩和の秘訣 ごぼうスープの力

ごぼうは健康促進の食材として知られている上、薬の材料としても使い道が広いです。癌と炎症の抑制や鎮痛に役立ち、便秘、肥満、皮膚病等様々な健康問題を改善する効果もあります。この記事では、ごぼうの効能及び漢方医からのお勧めの食べ方をご紹介いたします。
2024/06/17 胡乃文

下肢静脈瘤:命を脅かすリスクと漢方での改善策

静脈瘤は一般的な血管疾患で、脚の静脈が太く、ねじれ、突出し、美観を損なうだけでなく、重症になると皮膚潰瘍、出血、感染、血栓などの合併症を引き起こし、生命に危険を及ぼすこともあります。これに対して、中医学では、ツボ刺激、運動、食事療法などの方法を用いて、静脈瘤を効果的に予防し改善します。
2024/06/02 胡乃文

体型別痩せる!医師が推奨する4つのお茶

中医学では、痰湿が肥満の主な原因と考えられています。痰湿とは、内臓の不調によって体内に蓄積された余分な廃棄物のことで、脂肪細胞だけでなく、高脂血症や高血糖などの病理産物も含まれます。中医学における肥満治療は、まず五臓六腑を調整し、不良物質を体外に排出することから始まります。以下の4種類の減肥茶は、それぞれ脂肪燃焼、血脂降下、血行促進、浮腫解消の効果があり、異なる肥満体型に改善効果があります。
2024/05/29 胡乃文

コレステロールを下げる5つの食品と手軽なチェック法

コレステロール値が高いと心臓発作のリスクが高まり、コレステロール値が低いとがんと関連する可能性があるとされています。食生活の改善、ツボマッサージ、また、その他のさまざまな方法でコレステロール値を正常に維持することができます。
2024/05/27 胡乃文

4つのスーパーフルーツで心臓病リスクを軽減!詳細な効果と摂取方法

今日は心臓に良く、心臓病のリスクを軽減する4つのスーパーフルーツ、ブルーベリー、さくらんぼ、桑の実、ラズベリーをご紹介します。薬を飲むよりフルーツで自己免疫を高めるのです。
2024/02/06 王賀, 胡乃文

食べることでこそ治す糖尿病

糖尿病性足病変は、多くの糖尿病患者にとっての悪夢です。傷口が治らず潰瘍になることもあり、身体的にも精神的にも、とても辛いものです。そこで、傷口が早く癒える方法をご紹介します。
2024/01/22 胡乃文

食べても太らない火鍋は? 漢方医が6つのコツを伝授

冬期、特に寒い日には火鍋が人気です。しかし、火鍋はカロリーが高いため、食べるとお腹が膨れたり、消化不良を起こしやすく、体重や健康にも影響しかねません。今回は、太ることなく栄養満点でヘルシーに火鍋を食べるためのコツをご紹介します。
2024/01/19 王賀, 胡乃文

視力の維持: 老眼、近視、ドライアイを克服するための古代の治療法(下)

近視は屈折異常の一つで、遠くのものをはっきりと見ることができず、目の疲れや頭痛の原因になります。近視は小児期から発症する可能性があります。特に現代では、幼少期からモバイル機器を使用したり、長時間画面を注視したり、長時間の読書をしたりすることが発症の主な原因となっています。
2024/01/18 胡乃文

視力の維持: 老眼、近視、ドライアイを克服するための古代の治療法(上)

老眼、近視、ドライアイ症候群、眼精疲労など、さまざまな目の問題があらゆる年代の人々を悩ませています。加齢に伴う目の症状に加え、一日中画面を見続けるのは、健康な目でなくても悪化させる可能性があります。
2024/01/16 胡乃文

肝臓が最も恐れている4つのこと 漢方医が教える肝臓を養う1つの秘訣(2)

中国医学によると、感情によって対応する内臓は異なり、怒りは肝臓に関係しています。『黄帝内経』には「怒りは肝を痛める」「肝病は人を怒らせる」とあります。もし人が怒れば、それは体内の大地震に等しく、すべての臓器が影響を受け最初に傷つくのは肝臓です。怒りは肝血不足を招き、感情のコントロールが難しくなり、悪循環を形成します。自分の感情を整理し寛大な心で人と接することは、自分を大切にし肝臓を守る鍵なのです。
2023/07/27 胡乃文

口臭の原因をどこまで知っていますか? 漢方薬で口臭を消す(2)

口以外の原因による口臭は、内臓に関係している可能性があります。漢方では、患者の臭いを嗅ぐことで、どのような病気に罹患しているかを知ることができます。 例えば、肝臓の病気は通常、悪臭を放ち、心臓の病気は焦げた臭いを放ち、脾臓の病気は甘い臭い、肺の病気は生臭い臭い、腎臓の病気は腐敗臭を放ちます。私の臨床経験では、アンモニア臭がする患者は尿毒症の可能性があります。
2023/07/26 王賀, 胡乃文

口臭の原因をどこまで知っていますか? 漢方薬で口臭を消す(1)

口臭とは、口から発せられる不快な臭いのことです。口臭は自分に自信が持てないだけでなく、人間関係にも影響を与えます。この記事では、口臭を軽減し、徐々に爽やかな息を手に入れることができるよう、効果的で簡単な方法をご紹介します。
2023/07/22 王賀, 胡乃文

肝臓が最も恐れている4つのこと 漢方医が教える肝臓を養う1つの秘訣(3)

漢方でいう肝臓が悪いとは、現代医学でいう肝機能の障害だけでなく、肝臓のエネルギーとも関係しています。漢方では人体のエネルギーを「気」と呼びます。気と血が流れる人体の通路網は「経絡」と呼ばれ、12の内臓に対応する12の大経絡があります。
2023/07/21 胡乃文

肝臓が最も恐れている4つのこと 漢方医が教える肝臓を養う1つの秘訣(1)

どこに行っても携帯電話とにらめっこ? 残業や夜更かしが多い? 体調が悪くなると、すぐ薬を飲まなければならない? 自分の感情をコントロールできず、すぐにカッとなってしまう? この4つは肝臓を痛める行動なので、もしやっていることがあるなら要注意です。
2023/07/21 胡乃文

1週間に1食減らすだけ!? 脳神経外科医おすすめ減量法 脳ダイエットと中医学の知恵

肥満とは、体内の脂肪が多すぎて、体重が正常値を超えてしまう病的な状態のことです。外見に影響を与えるだけでなく、心臓病、脳卒中、糖尿病、不妊症など、さまざまな慢性疾患のリスクを高めることになります。中医学と西洋医学の長所を生かし、日本の医師による脳ダイエットと中医学による肥満対策の知恵を組み合わせ、リバウンドすることなく理想の体重を維持しながら、健康的にダイエットできます。
2023/06/26 王賀, 胡乃文

近視、頭痛、手足の震えを和らげる魔法のツボ

デジタル機器を長時間使用したときに目が疲れてきて、視界がぼやけてくるでしょう。 耳たぶの真ん中あたりを押しながら回したりしましょう。ここに「目(もく)」というツボがあり、漢字の通り私たちの目のことです。ここをマッサージすることで目の疲労が改善されます。 また、こうして耳たぶを引っ張り、1日に15回や20回でも、あるいはこの部分を熱く感じるまでマッサージをすると、なんと視力が改善されるのです!
2023/04/04 胡乃文

現代病の救い手 【ごぼう 】毒素を排出し、肌トラブルを改善

ゴボウは現代病の救い手と言われています。その効果は計り知れません。あなたが今悩んでいるその悩みにきっと役立つことでしょう。
2023/03/20 胡乃文