ブルーベリーは「スーパーフード」がん予防から心臓の保護まで

コメント

きれいな藍色のブルーベリー
この小さな一粒には、アントシアニンなどの抗酸化栄養素が豊富に含まれており、がん予防や心臓血管の保護をはじめ、人の健康に多くのメリットがあります。

ブルーベリーは「スーパーフード」と呼ばれるほど、その有益性には海外でも定評があります。

台湾の臨床栄養士である陳怡婷氏は「ブルーベリーにはアントシアニン、ビタミンC食物繊維などの栄養素が含まれています。なかでも、強力な抗酸化栄養素であるアントシアニンが最も際立っています」と言います。

ブルーベリーを頻繁に食べると、以下の7点に代表される多くの利点が得られます。

1、がん予防

紫外線や空気の汚染などの環境要因のほか、自分の精神的ストレスなどの影響により、人の体内にフリーラジカルが発生します。

フリーラジカルは細胞にダメージを与え、がんなどの病気や老化を引き起こします。アントシアニンはこうしたフリーラジカルを除去するとともに、体をフリーラジカルの攻撃から保護します。

2、心血管疾患の予防

フリーラジカルを除去するアントシアニンは、心臓血管疾患の予防に有益です。米国の研究によると、150gのブルーベリーを毎日食べると、心血管疾患のリスクが12%~15%低下すると言います。

3、腸の健康を維持する
 

食物繊維を豊富に含むブルーベリーは、腸内の健康を維持するとともに、腸に良い善玉菌の成長を助け、免疫力を高めるのに役立ちます。

4、肌の健康を維持する

ブルーベリーに含まれるビタミンCは、免疫力を高めるだけでなく、コラーゲンの合成を助け、皮膚と粘膜の健康を増進します。

 

5、視力を保つ

アントシアニンは、眼の網膜に光を感じる物質であるロドプシンの生成を助け、夜間視力を維持します。
 

6、記憶力を維持する

身体の酸化ストレスが増えると記憶力も低下し、認知症リスクも高まります。アントシアニンの抗酸化力は、脳の炎症を改善し、記憶力を維持するのに役立ちます。

 

7、尿路感染症の予防

アントシアニンに富むブルーベリー、クランベリーは、尿路感染を予防する「逸品」です。アントシアニンは細菌が尿路に侵入するのを抑える働きがあり、尿路炎症を起こす確率を低下させます。
 

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、抗酸化作用があり、多くの病気を予防します。(Shutterstock)

ブルーベリーは、そのまま生で食べるのが、最も完全なアントシアニンを摂取する方法です。ブルーベリーに含まれるアントシアニンやビタミンCは熱に弱い栄養素であるため、高温で調理すると失われてしまいます。

ブルーベリーをきれいに洗い、そのまま生で食べることで、完全な抗酸化栄養素を摂取できます。

料理のバリエーションを増やしたい場合は、ブルーベリーを豆乳や牛乳に合わせた栄養ドリンク、またはヨーグルトやオートミールと合わせた特製サラダにすると、見た目も華やかで栄養価も優れた一品になります。
 

ブルーベリーはサラダと一緒にお召し上がりいただけます。(Shutterstock)

(文・蘇冠米/翻訳編集・鳥飼聡)