尼僧は末期がんからの予期せぬ快復:なぜ修煉が疾病を改善できる?

ベトナム人女性のグエン・ホアン・ウエン(Nguyen Hoang Uyen)さんは、26歳で尼僧になりましたが、正式に尼僧になった1年後、腸、胃、子宮にがんを発症してしまいました。
2021/10/20

おやつのピーナッツを楽しむために「カビ毒には注意して!」

ピーナッツと聞くと、少し古い時代のご記憶がある方なら、当時人気の高かった双子の女性歌手を思い出したり、ほのぼのとした米国の漫画のタイトルを想起したりされるかもしれません。
2021/10/15

「がんに打ち勝つ」その勝利者に共通する一念とは何か

私たちは各種の「がん」と、いかに向き合うべきでしょうか。 向き合うことをわざわざ願うつもりはありませんが、人が一生のうちに何らかのがんに罹患する確率は5割とも言われています。
2021/10/13

意外とすごい「キャベツの力」胃を守り、がんリスクを軽減

米国立癌研究所(NCI)の研究によると、キャベツなどアブラナ科の野菜が胃がん、大腸がん、乳がん、前立腺がんなど、各種がんのリスクを軽減させることを明らかにしています。
2021/10/10

医学研究「坐禅はストレスのDNA反応を逆転させる」

英国のコベントリー大学とオランダのラドバウド大学が共同で、坐禅やヨガ、太極拳などを医療分野へ活用する心身療法(Mind–body interventions、MBI)について研究を行いました。
2021/10/08

がん疲れには「体を動かすことが大切」台湾医師からのアドバイス

現在、がん療養中の患者さんと、そのご家族の皆様へ。 私は台湾の医師、林旭華と申します。今回皆様にお話しすることは、皆様のきっとお役に立つことを念頭に、がんの完治へつながるような具体的な内容になります
2021/10/06

がんを考える機会のために「男性の乳がんもあります」

国立がん研究センターの最新がん統計によると、「一生のうちにがんと診断される確率は男性65.0%、女性50.2%」。つまり、日本人の2人に1人が、生きているうちに何らかのがんに罹患するとされています。
2021/10/02

ハーバード大学の専門家:記憶力を向上させ、認知症を予防する薬は誰にでもある

もし明日、大手製薬会社が記憶力を向上させ、アルツハイマー病のリスクを大幅に軽減する薬を発売するとしたら、あなたはそれを欲しいと思いますか? どれくらいの金額であればいいのでしょうか? 実際に、この薬はすでに存在しています。それは睡眠と呼ばれます。
2021/08/23

ナッツでガンを予防する「適量なら毎日食べても太らない」

日本でも良く知られているナッツ類といえば、何があるでしょうか。
2021/06/10

優秀な女医が残した人生の遺憾

私の友人に、ケイシーという女医がいました。彼女が勤める病院は私の診療所の近くだったので、私たちはよく互いに患者さんを紹介していました。有能で美しいケイシーは私と同年齢でしたが、不幸なことに、彼女は不治の病に冒されてしまいました。
2021/06/07

人生の不運と幸運

私と長年の付き合いがあるルーシーは、少しでも体の調子が悪いと、私の診療所を訪れて漢方の治療を受けていました。彼女の家族も漢方医を信頼していて、どこか調子が悪いところがあればまず漢方薬の処方と鍼灸にかかるので、私は彼女の生活状況などが徐々に分かってきました。
2021/05/13

生命

彼はすでにこの世を去りましたが、彼の顔、声、彼と交わした会話は、よく私の記憶の中に蘇ります。
2021/05/07

彼の病気は本当に治ったのか

数年前、ある末期の肝臓ガン患者が私を訪ねてきました。彼は、大手の病院ではもう治療の施しようがないので、漢方で運試しするしかない、と言いました。彼は顔色が暗く、腹水が溜まっているようでした。
2021/04/30

病と性格(2)

ガンの宣告を受け、辛い思いをしているマーサに、次から次へと友人が助けにきてくれました。月曜日から土曜日まで、子供の面倒、買い物、食事、洗濯、掃除など、すべてが解決できました。
2021/03/25

病と性格(1)

マーサは頭が良くて、健康かつエネルギッシュですが、勝気なところがあります。いかなる難題でも、彼女を困らせることはできないようでした。いつ何をすべきかは、すべて彼女のコントロール下に置かれ、子供を作る時でさえ、願いどおりに女の子と男の子を一人ずつ生みました。
2021/03/24

「一日一日を大切に」 生後3カ月で小児がんと闘う赤ちゃんが教えてくれたこと

カナダのオタワに住む1歳のテッサ・ホジソンちゃんは、生後3カ月の時からがんと闘っています。8月5日、テッサちゃんは生まれて初めての誕生日を風船で飾り付けをし、ピンクのプリンセスのようなドレスを着て盛大に祝いました。お誕生日を祝ってもらったテッサちゃんの顔は満面の笑みで溢れていました。
2020/09/11

新研究 ミツバチの毒が乳がん細胞を殺すことが明らかに

オーストラリアの研究チームがミツバチの毒液を使用した実験を行い、有力な結果が得られた。彼らが発見した毒液には、悪性の乳がん細胞の増殖を抑える効果があったのだ。
2020/09/11

病気治療には運気も関わる

現代科学の理論に染まった人々にとって、病気治療と運気の関わりは理解しがたい問題である。病気治療中に発生する良し悪しの結果は、習慣的に偶然のことだと思われる場合が多いが、必然ではないと証明することができないのも、事実である。
2020/04/29

緑茶は抗癌能力の増強に効果的

研究によると、カフェインを含まない緑茶の濃縮成分を服用すれば、体内の抗がん作用がある解毒酵素の産生が増加されるという。
2020/04/26

善良も一種の薬

小さい頃の事だ。母と同年代で、周おばさんという隣人がいて、とても優しい人だった。当時、我の家は特殊な身分=「黒戸」(共産政権から批判対象に指定された階級身分)だったため、私たちは多くの人から見下されていた。
2020/04/23

娘とバージンロードを歩くことを断った父親の感動的な理由とは

女の子が産まれると、いつか娘とバージンロードを歩くことは全ての父親の夢。あるクリスマスの前日、マーク・ウィリアムズのその夢は予期せぬ危険に晒されることになりました。
2020/04/11

心優しい看護師さん!変装して小児がんの子と戦争ごっこ

4歳のドリュー君は2018年のクリスマスイブに珍しい脳のガンである髄芽腫だと診断されました。それまでドリュー君はずっと頭痛や嘔吐を繰り返していましたが、両親はただの風邪だとしか思っていませんでした。そのため、ガンだと診断されて両親はとてもショックを受けました。ドリュー君の脳にはレモンほどの腫瘍があり、緊急手術をする必要がありました。
2020/04/09

がん予防に13の食品 科学にもとづいた話

食品とがんとの関係は、昔から切っても切れないものでした。 実際、アメリカがん協会によると、「人は食べたものでできている」とのことです。結果、抗がん性の食品は、がんの予防と治療として多大な影響があるということになります。
2020/03/28

テキサスの少女に訪れた『奇跡』 手術不可能と言われた脳腫瘍が消失

地方紙によると、テキサスに住む少女の脳腫瘍が奇跡的に消失したという。12NewsNowによると、ロキシル・ドスはびまん性橋膠腫(DIPG)と診断された。「とてもまれですが、深刻な疾患です」デル小児科センターのヴァージニア・ハロルド医師はそう語る。
2020/03/27

妊娠中にステージ4のガンと診断 奇跡の連続で3人のママに

生きる奇跡とも言える勇敢な母親がいた。妊娠中にステージ4のガンと診断された彼女は、病気と闘い、後に3人の子どもを授かった。2007年1月、ジョージア州ダグラスビルに住むアシュリー・ホールフォードは初めての赤ちゃんを授かり、妊娠1か月目を迎えていた。首にできたこぶに気づいたのもその時だ。当初は感染症と診断され、抗生剤ですぐに良くなるものと思われていた。
2020/03/26

父死去5年後、娘に届いたメッセージ「もう悲しい涙流さないで」

誰しも誕生日にメッセージカードを受け取るのは嬉しいもの。テネシー州に住むベイリー・ステラーズさんは誕生日に、父から特別なカードを受け取ることになります。

2020/03/19

【紀元曙光】2020年1月6日

昨年がんの手術を受け、現在リハビリ中のタレントの堀ちえみさん(52)が芸能活動を再開するという。昨年2月に、ステージ4の舌がんであることを公表し、頚部リンパ節や舌の6割を切除。その後、食道がんも見つかり手術を受けた。
2020/01/06

警察の催涙弾にダイオキシン類 香港市民や記者に健康被害

警察による催涙弾が飛び交う香港で、最近、市民に皮膚疾患が現れている。現地メディアの記者はこのほど、皮膚疾患は塩素ざ瘡(クロルアクネ)と医師に診断された。民間組織は、催涙ガスの暴露に関連していると疑っている。
2019/11/18

脳腫瘍に侵された11歳の少年 最後の願いを叶えてくれたのは

ニューヨーク州出身のジョン・フランシス・ホーグ・リベット(11)は、2019年初頭に末期がんと診断された。彼の家族は、戦い続ける勇敢なわが子のためにジョンの大好きな法執行機関の人事部に連絡を取った。
2019/11/01

心優しい看護師さん!変装して小児がんの子と戦争ごっこ

4歳のドリュー君は2018年のクリスマスイブに珍しい脳のガンである髄芽腫だと診断されました。それまでドリュー君はずっと頭痛や嘔吐を繰り返していましたが、両親はただの風邪だとしか思っていませんでした。そのため、ガンだと診断されて両親はとてもショックを受けました。ドリュー君の脳にはレモンほどの腫瘍があり、緊急手術をする必要がありました。
2019/10/16